精力剤は危険ドラッグ?出世欲に目がくらんだ麻薬取締官の生き方と名言

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

仕事で絶対にやってはいけないミス。
そのようなミスほど、落とし穴のように人を待ち構えているものなのかもしれません。


出世欲に目がくらんだ麻薬取締官の証言を傍聴しました。
彼は絶対にやってはいけないミスを犯してしまい、その結果、検察は70歳の市民を起訴してしまうことになります。


そんな証人の生き方をうかがうことが出来ました。そして、とんでもない名言まで飛び出した裁判です。

精力剤をネットで買ったらマトリがやってきた

この事件は、70歳の男性が精力剤をネットで購入するところから始まります。
「これしか効かないんだ」という精力剤は、最初日本でも売ってましたが、徐々に手に入らなくなりました。


そこで男性はネットのサイト「ハロー媚薬」という所で精力剤を購入します。
するとマトリがやってきて逮捕されてしまいました。


被告は何のことか分からなかったでしょう。
なぜ、家に麻薬取締官が来るのだろう?と。「最近、中国から何か輸入しましたよね?」という質問でやっと意味が分かります。


「ああ、精力剤なら買いましたよ」と戸棚の上を指さします。
それこそが、この裁判のきっかけとなった精力剤「イカ王」でした。

イカ王!なんてイカしたネーミングの精力剤でしょうか。イカにも効きそうです。


被告は当初、日本の薬局でイカ王を購入していたのですが、徐々に販売する店が少なくなり、入手が難しくなります。
愛する妻との性生活のためには、イカ王がどうしても必要です。そこで、ネットを探しました。


そこで発見したのが「ハロー媚薬」というサイトです。

ハロー媚薬!なんてこんにちはな媚薬サイトでしょうか。
普通に日本語で検索できます。被告はここからネットショッピングをしました。
しかし、通関で引っかかり、ストップします。


そこで被告は通関に電話でクレームを入れます。
そうすると普通に配達されました。
このクレームをいれたことが、後の嫌疑を生むきっかけになっているのは間違いありません。


なぜなら、イカ王には問題がありました。
日本では違法になった成分が入っていたのです。
それを知らずに輸入してしまった被告は、麻薬取締局にマークされ、逮捕となったのです。


被告は裁判で無罪を主張します。
彼は何も知らずに、イカ王がイカしてるから買っただけなのです。
そこで検察は逮捕、取り調べをした麻薬取締官(マトリ)を証人に呼びました。

「だってピンク色のサイトなんですよ!妖しい(怪しい)に決まってます」という証人

証人は薬学部を卒業後マトリに入り、各地を転々をしていました。
最初は東京、そして地方へと飛ばされます。


顔はいかにも出来る男、とても怖い顔つきでした。
体格もスーツの上からわかるムキムキのマッチョマンです。


ですが、仕事ではどうだったのでしょう。
彼の証言を聞くと、出世欲にとらわれているのでは無いかと思われます。
成果をバリバリ上げて、東京へと戻りたかったのでしょう。


捜査のきっかけでは「イカ王を輸入している男がいるから、一緒にイカないか?」と声を掛けられ、被告の家に令状をもって家宅捜索に行きました。


証人は被告人のように、知らないで輸入してしまったパターンを見落としてしまいました。
マッチョマンでおっかないマトリの証人は、取り調べで3日間、被告をねっちりと締め上げます。


この取り調べの様子は裁判で重要なポイントになりました。


弁護人「なぜ、被告が危険ドラッグを輸入している思ったのですか?」


証人「だってハロー媚薬のHPはピンク色の怪しいものですよ?そこから買うってことは怪しいものだってわかってるはずです!」

ええー!?凄い理屈です。
実際にハロー媚薬のサイトを見てみたのですが、これで妖しいと感じるなら、匿名掲示板ですら悪の巣窟に感じるでしょう。
令和の時代に、◯ちゃんねるをアングラサイトと言っているようなものです。


弁護人「イカ王は通関しますか?しませんか?」


証人「○○(成分名)が入ってるから通関しません」


弁護人「それは素人でもわかることですか?」


証人「わかりません、でも通関しないってことは怪しいものだってわかってるはずです」


実際に、被告は通関にクレームを入れて、イカ王を通関させています。


裁判では証人のキャラクターが徐々に判明してきて、裁判官もちょっと怒りぎみに質問します。


裁判官「だ・か・ら!被告が自ら自白したのはいつ?」


証人「怪しいと思ったでしょ?と聞いて、はいと答えたので」


裁判官「じゃあ、自ら自白したのではないんですね!」


証人「・・・・はい」


裁判官によるねっちりとした締め上げです。
ミスができない仕事というのは、このように慎重に慎重を重ねて進めるべきでしょう。
裁判官もマトリも大変な仕事です。


裁判官はどんな小さいことでも見逃さず、きっちり確認を取っていきます。
このままでは無罪になるのは確実。
見かねた検事が再質問をしますが、被告がイカ王を危険ドラッグと認識していたとは、どのような質問でも掘り下げることはできませんでした。

0.1%の無罪

刑事裁判では、有罪の確率は99.9%。
しかし、この裁判では1000人に1人という無罪になりました。


被告の心労を思うと頭が下がります。
それもこれも、証人であるマトリに目をつけられたからです。


被告は無罪を勝ち取りましたが、結局、妻とは離婚されてしまいました。
かわいそうとしか言いようがありません。
有罪にならなかっただけ、良かったと言うことでしょうか。


70歳の被告にとって、ムキムキでおっかないマトリの取り調べは怖ろしかったはずです。
やってもいないことを自白してしまう気持ちもわかります。


もし、裁判官が証人のミスを見逃していたら、結果は違ったものになったでしょう。
検事は頭を抱えていました。
彼にとっては1000件に1つのミスです。
出世に響いてしまうのかもしれません。


サラリーマンにとって出世とはとても大事なものです。
ですが、それに目がくらんでしまうと、とんでもないミスに繋がってしまうのだと感じました。

まとめ:出世に目がくらんで大事なものを見落としている

名言が飛び出した裁判でした。
印象に残ったのは何よりも証人です。
出世したいからと言って、強引に被告を有罪だと決めつけました。


絶対にミスできない仕事こそ、冷静になるべきでしょう。
傍聴席から見ていても、被告はどこからどう見ても勃起に悩む70代の男にしか見えません。


証人はそんな被告を強引に自白させ、起訴にもっていってしまいました。
出世よりも大切な事を見落としていたのです。


それは、成果を上げようと、社会や他人に迷惑をかけてしまったこと。
どんな仕事でも、他人に迷惑をかけてはいけません。
仕事を頑張りすぎると、そんな常識まで見えなくなってしまうのです。


どうしても、迷惑をかけなければいけない仕事と感じるのであれば、生き方を変える時なのだと思います。
証人は思い込みが激しいタイプに見えました。
ピンク色だから怪しいって・・・と被告には申し訳ないけど今でも思い出し笑いしてしまいます。


野澤 知克
プロフィール:自営業(飲食店)を営みながら、ふとしたきっかけで裁判傍聴にハマった傍聴ライター。現在は専業ライターとして、裁判所に通う毎日。事件を通して人間の「生き方」と向き合ってます。

Photo by Austin Chan on Unsplash

Translate »