モテる男にはオーラがある ヒグマの生息地から生還した男の生きざまと正義とは

Pocket


今回は、鹿の罠に関する収賄事件と暴行の裁判を傍聴しました。

事件の発端は田舎町の収賄事件なのですが、それを機に、公務員による凄惨な暴力の内状が発覚したのです。

この事件では、公務員独特の不明瞭な予算会計が賄賂の温床になっていました。


賄賂事件という不正に巻き込まれヒグマの生息地に放置され死にかけた被害者。

その被害者(証人)の言葉に感銘を受けた、裁判の記録です。

 

ミスをするたびに別室に連れていかれ暴行される毎日

北海道の東、道東地区ではエゾシカの農作物被害が深刻です。

毎年、その対策として予算が組まれており、市役所の職員と猟友会による駆除が行われています。

とある市役所では、その仕事と予算管理は長い間、1人の男に任されてきました。

それが今回の裁判の被告です。

被告はパチンコ店などを経て市役所に入った民間上がりの男でした。

 

被告人席に座る横顔からも、押しの強そうな印象です。

体格はゴツく、チンピラを思わせる怖ろしい顔つきです。

さらに、自身もハンターのライセンスを所有し、猟銃とスノーモービルでエゾシカを駆除してきた経歴を持っていました。

しかし被告はやがて仕事が面倒になり、

「こうゆう仕事は若いのがやるものだ」

と、20代の部下に仕事を丸投げし始めました。

それが今回の被害者であり、証人でもあるAです。

 

Aは20代前半の入庁したての若者ということもあり、エゾシカの駆除はもちろん、ハンターのライセンスや猟友会の手配などもちろんなにも知りません。

当然、仕事で分からないことがあれば上司である被告に聞くことになります。

ですが、被告は「自分で考えろ!」「去年のを見ろ!」「死ね!」などと恫喝し、何も教えませんでした。

しかしこの実務は長年被告だけがしてきたものです。

つまり被告にしかわからない仕事ですので、Aは毎日、何をするにしても被告から恫喝や暴力を受ける状態になったのです。

Aは被告から、「謝るとは土下座をすることだ」と何度も土下座を強要され続けました。

 

そしてそんなある日、ついに決定的な出来事が起こります。

Aはエスカレートする被告の暴力の末に、ヒグマが出没する危険地帯に置き去りにされたのです。

そしてこれが発端になり、ついに収賄事件まで発覚することになるのです。

 

熊の餌にするぞ!と脅され賄賂の予算を通される

ある日のこと、Aは被告からエゾシカの駆除に際し、被告が懇意にしている業者に発注するよう圧力を受けました。

しかしこの仕事は本来、競争入札でしか発注できないものですので、Aはその旨、被告に対し反論をしてしまいます。

すると被告は当然激昂します。

被告はこの業者に発注をさせることで、自分に予算の一部を後から受け取る約束をしていたからです。

そして競争入札ではなく、形ばかりの3社が参加する指名競争入札で落札者を決めるよう、Aに厳命しました。

 

Aは被告の暴力を恐れ、この要求を一旦は通してしまいます。

するとこの手続きに、今度は被告の上司、つまりAの上司である上司から、

「それはおかしい。Aがいうように、もう一度入札をやり直して、ちゃんと競争入札でやりなさい」

と横やりが入ってしまいました。

 

当然、被告は面白くありません。

”いい子”であるAのせいで自分の顔が潰されたと感じた挙げ句、自分の身入りがなくなる瀬戸際ですので当然でしょう、

そして事件が起こりました。

ある日、Aは被告に提出する報告書で、全角で記入すべき数字を半角で記入してしまい渡してしまいました。

すると被告はここでも激怒し、Aを深夜、車で連れ出すと殴る蹴るの暴行を加え、

「てめえ!仕事舐めてんのか!」

「お前なんていつでも消せるんだぞ!熊の餌にしてやろうか?」

と恫喝します。

そして本当に、ヒグマが頻繁に出没する、道東でも有数の危険地帯に深夜連れて行かれ、そこで置き去りにされてしまいました。

もはや、殺意を伴う犯罪行為と断言して良いでしょう。

そしてこの時、Aは命の危険を感じていたので予めICレコーダーを持って行き、全てを録音していました。

友人にも「帰ってこなかったら死んだと思ってくれ」と言い残して出かけていったのです。

これが証拠となって、被告の暴行と収賄疑惑が明るみになったのでした。

 

あれは賄賂です!と被告人の前で証言する

さんざん暴行を受けたものの、なんとか生還したA。

程なくして被告は逮捕されましたが、裁判が開かれるとさっそくAは証言台に立ち

「被告の行為は収賄であり、あれは賄賂です!」

と、堂々と証言しました。

そのすぐ横には、見るからに恐ろしい被告人が座っています。

 

しかし実は、ここで一つの罠がありました。

被告に強要されたとはいえ、Aもこの収賄事件の関係者であり、実行責任を問われる可能性があるということです。

検事は、「あなたの証言は、あなた自身の罪を認めることになりますよ」と言いました

それでもAは、

「私は自分の犯してしまった不正を後悔し、処分を受けるつもりです。ですが、被告に正しい処分が下されることを期待しています」

と、きっぱり言いました。

結果として、被告はこの裁判で有罪判決を受けましたが、執行猶予が付きました。

そしてAはお咎め無しという結果になり公務員の立場を失いませんでしたが、きっと恐ろしいのはこれからでしょう。

狭い街のことですので、きっとこの後もAは、被告の嫌がらせや恫喝を受け続けることになりそうです。


正直、北海道の田舎街で公務員になることは、夢のポジションをゲットすることです。

しかしAにとっては、不正の強要に暴力、さらには命の危険にさらされるなど、被告と働いていた時期は地獄だったでしょう。

思い描いていたバラ色の人生とはなりませんでしたが、しかし最後まで自分なりの正義を貫いたAは本当に立派でした。

とは言いながら、まさか全角と半角を間違えただけでクマの餌にされかけるとは、夢にも思わなかったと思いますが。

 

結論:暴力に対する勇気

結論として今回の事件は、Aの勇気に感動した裁判となりました。

事件の後、Aはハンターのライセンスを取得し、被告人頼りだった猟友会とのパイプ役をつとめています。

Aは、賄賂の協力をせざるをえない状況だったと思います。

被告人の暴力を考えれば、責めることはできません。

自分の加わった不正を認め、仕返しを恐れずに証言するのは大変だったでしょう。

 

上司から命令された不正は、本当に強烈で不本意で、究極の選択です。

それに対して反抗できる人は、余りいないのではないでしょうか。

ですがAのように、どこかで勇気を振り絞ればプライドを取り戻すことが出来ます。

 

公務員に限らず、それはどんな場所でもありうることでしょう。

いつか勇気をもって立ち上がり、声を出して反抗する気持ち。

それを心に秘めたまま生きていくのが上手な生き方と言えるかもしれません。

 

【ライフブースターからのお知らせ】
コロナ禍だからこそ!!素敵な女子とのプライベート飲みはいかが?

「最短30分で刺激的な出会いを叶える」マリオンから、ライフブースター読者だけの特典をいただきました!

▼ ▼ ▼

ただいま、こちらのサイトから予約された方だけに、嬉しい特典

なんと!!

『全プラン。1時間無料!!』(最大12,600円OFF)
こちらのサイトからご予約ください。↓

https://mullion.jp/mens/index.html
ご予約時に、1時間無料クーポンコード【GE452D】を入力してください。

※クーポン適用条件:お一人様一度限り。最低ご利用時間2時間から


 

【著者プロフィール】

野澤知克

自営業(飲食店)を営みながら、ふとしたきっかけで裁判傍聴にハマった傍聴ライター。

現在は専業ライターとして、裁判所に通う毎日。

事件を通して人間の「生き方」と向き合ってます。

Pocket