モテる男はそもそも謎が多い

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

モテる男の人ってどういう人でしょうか。
お金がある? 仕事ができる? 見た目が若い? 話が面白い?


そうした要素はもちろん重要です。
ただ、もう一つのモテる要素として、そもそも謎が多いという側面があります。
今回は、男性のモテを紐解きながら、謎の多い男性が魅力的な理由について、観ていきたいと思います。

謎めいた男性がモテる理由

一般に、女性は男性のソーシャルバリューに惹かれるとされます。
小学生の頃は足が早い男の子が、中学生の頃はヤンキーが、高校・大学生になってからはチャラ男が、社会に出てからは真面目に働く堅実男子がモテます。


そうすると、真面目に勉学に打ち込み、現在は仕事に打ち込んでいる男性は、いよいよ自分たちのチャンスが巡ってきた!と思われるかもしれません。


しかし、奇妙なことに、女性は堅実そうな男性よりも、謎めいた男性に惹かれていってしまうのです。これでは、真面目な男性にはモテるチャンスが永久に失われたかのように思えます。


それでも、謎めいたオーラを出せば、「この人、なんなんだろう?何を考えているのだろう?」と思われて、人がよってきます。


オーラは出したり引っ込めたりできるのかと思われるかもしれませんが、漫画『HUNTER×HUNTER』(冨樫義博 著)でも、念能力は出し入れ可能なのです。


では、謎めいたオーラはどうやって出すか。
それはやはり、中身の重たさ、芯の強さだと考えられます。
とにかく趣味人であること、仕事は片手間でありながらも大きなパフォーマンスを出し、あとは男のロマンに熱中すること。


流行りのスニーカーでもファッションでもサーフィンでもなんでも良いと思いますので、全力で何かを追いかけること、そうした中身のキラキラした輝きを、心の中の少年がなにかに夢中になっている姿こそ、謎めいたオーラを放って、人を惹きつけるのではないでしょうか。

どんな男性が謎めいているの?

具体的に、例を挙げてみます。
これを書いている私の現在のパートナーは、非常にモテます。
そして、彼は昔、港湾労働者として、毎日冷凍庫でフォークリフトに乗っていました。


フォークリフトは、それほど取得難易度の高い資格ではないのは事実で、教習所で聞くところによると合格率99%、すなわち、受講した人のほぼ全員が受かっている国家資格です。


そうでありながらも、港湾の現場は圧倒的な肉体のタフさと同様に、実は知性が必要です。
次々にやってくる大量の荷物をさばいて、同時に、奥にある荷物を出し、左右にある荷物を優先的に…など、どこに何があって、どう効率よくフォークリフトを動かせば、冷凍庫の滞在時間を短くできる、つまり寒い思いをしなくてよいのか、とても頭の良さが求められる仕事だといいます。


それだけでも、仕事のできる人間だった彼を誇らしく思いますが、話はそれだけではありません。
彼は、数多くの女性とのデートのスケジューリングも、フォークリフトのテクニックでぶつからないように、女性同士がバッティングしないように、配慮していたといいます。
右に左にと女性からの連絡をさばいて、効率よく幸福を最大化していたのです。


なぜ複数の女性と予定を、という懐疑点はありますが、私はこの話を聞いたとき、面白いなと思ってしまいました。
仕事そのものもそうですし、肉体労働である港湾労働を魅力的に語れるその言語化力もそうですし、モテた事実もそうですし、いろいろ、謎めいていて魅力的だなと感じたのです。

10年経っても、魅力的な彼

そして、そんな面白い話を聞かされて、相手に興味を抱いて近寄ってみてから10年が経過しました。


今でも彼は魅力的で、私は夜寝るときも布団の中で「明日は彼とどんな話をしようかな」とワクワクして眠りについています。
10年間、毎日のように顔を合わせていますが、謎めいているので、話すのが楽しみなのです。


そんな彼は、もはや女性には何の興味も持てないといいます。
女性の心は簡単に手に入ってしまうので、自分の思い通りにならないスニーカーの抽選や、夏にマンションの廊下でみつけたコクワガタのほうが、何倍も自分を熱中させるというのです。


私は個人的に、芸能関係のライターとして最初のキャリアをスタートさせたのですが、あのビートたけしさんも、「女性は誰でも口説けるから面白くない。外国の高級車のほうがよほど自分のいうことをきかない」とかつて語っていたのを記憶しています。


そして、それぐらいのほうが、かえってモテるのです。
女性はおいかけたら振り向いてくれませんが、自分が男のロマンに熱中していたら、興味を持って近づいてくるものなのだと考えられます。

男のロマンとは?

男のロマンという話が出ましたが、どのようなものが男のロマンなのでしょうか。


なんでも良いと思います。
映画、アメリカのドラマ、ファッション、スニーカー、クワガタやカブトムシ、漫画…熱中できるものは世の中に無限にあります。


一番オススメしたいのが、シーグラス探しです。
シーグラスとは、ガラス瓶やガラス素材が海に捨てられ、何年もかけて自然に磨かれて、丸くなった奇跡の石ころです。
キラキラのピカピカの、宝石のように輝くガラス玉。


想像しただけでも、魅力的だと思いませんか?
日本は国全体が海に囲まれているので、あちこちの海辺の街でシーグラスが採れます。
そんな海の宝石を探しに、日本中を旅してみるのも楽しいかもしれません。


シーグラス探しは、海にさえたどり着ければコストも0円です。
クワガタやカブトムシも、山で拾えば0円です。


男のロマンにお金はあまり必要なく、お小遣いも限られていた少年の頃のように、夢中になって日本中をシーグラス探しの旅に出ていたら、気がついたら山盛りのシーグラスと同じぐらい、あちこちでロマンチックな思い出ができているかもしれません。

それでも、見た目がよくないとモテないと思っているなら

ただ、こう書いても、見た目がよくないとモテないのでは、女性はイケメンが好きなのでは、という疑惑がうまれるかもしれません。
いわゆる顔立ちが整って、線が細いイケメンは、年を取ったら、普通のおじさんになってしまいます。


しかし、謎めいていて心がキラキラしていたら、年をとっても老けるどころか輝きが増します。
そして、よりモテていくことでしょう。
現に、私のパートナーは、モテるなんてものじゃないぐらい、男女問わず人気です。


ある日、彼がラーメン屋さんに並んでいたら、前に並んでいた若い男性が「そのスニーカー、格好いいですね」と声をかけてきたそうです。
そこで、いろいろな趣味のスニーカーの写真を見せてあげているうちに、仲良くなって今度ふたりで、原宿までスニーカー購入の列に並びに行くといっていました。


私はその、男女問わずのモテっぷりと、コミュニケーション力の高さと、人を惹きつける魅力と、声をかけられるぐらいのファッションセンスと、その他いろいろな彼の素養が羨ましくて、この話をするとき、なぜかいつもポロポロと涙が出てきてしまうのです。

【お知らせ】

この記事が気に入ったら、Twitterアカウントをフォローしませんか?
 「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。

Twitterアカウント▶https://twitter.com/LBooster_forMen
LIFE BOOSTER(「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。モテる(生き方)、恋愛、出世、ファッション、趣味・遊びについて発信。)


書き手;名もなきライター
プロフィール:ライター歴5年。恋愛経験は乏しいが、なぜか無職になってから最高の男性とマッチングし(たつもり)、毎日幸せに暮らしている(はず)
ツイッター:https://twitter.com/writer_noname
ブログ:https://www.kazinc.org/

Photo by Matthew Fournier on Unsplash

Translate »