絶対モテない「何様やねんオトコ」にならないための話術

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

話をしていて、知性的だなあと感じる人は男女問わず魅力的だ。
いろんなことを知っている、話題の引き出しが多い、それだけで会話は盛り上がるもの。


しかし、いろんな話ができるのは良いのだが、時々「はァ?」とドン引きしてしまうオトコたちがいる。


無意識だったらなおさらタチが悪い。

はいはい、残念でしたー。

ある日。オジさま2人と自分の3人で会話をしていたとき。
なんだか小難しい話になった。話題はなんと、地球温暖化である。


「人間の活動程度で気温なんて上がるわけないじゃん?」


と言い出した。


びっくらこいた。


普段、私はこういう場面に遭遇しても、「へー」で済ませる。
しかしなんだかこの日は、虫の居所が悪かった。


かつ、少し前に、仕事で詳細な資料を読むきっかけがあった。
IPCCの報告書である。ガチもんである。


思わず意地悪してしまった。


「でも、こないだのIPCCの報告書だと、産業革命以降、1℃気温が上がったことがわかってるんですよね」。


すると、こうきた。


「ああ、そうそう、IPCCね。っていうか、4℃くらい上がってるでしょ」。


絶句である。
お前、気温なんて上がらない話はどこに行った。
それも4℃ってなんなんだよ。


かわいそうなので、それ以上いじめるのはやめておいた。
こんなおっさんに遭遇すると、もう二度と会話したくなくなる。


お前は何様で、何を根拠に自信満々に言い切っとんねん。
そもそも、IPCCってなんだか知ってるのか?


それも、否定されると、必ず知ったかぶりで上書きしてくる。


こちとらちゃんと勉強しとんじゃ。
恥ずかいしから、それ以上喋らない方があんたのためだよ?


なのに彼の話は止まらない。


「風車なんてあんなものが回るような風が吹く場所なんてないじゃん?何十メートル吹くっていうんだよ」。


はいはい、そうですね、そうですね。
お前は科学者か?重工メーカーの人間か?太平洋沖で1年暮らしたことがあんのかいな?


「どやろか」で終わらせておいた。


なんせ、負けを認めない。
しょうもないプライドのために、どんどん自分のおバカを晒していくのである。

「知らない」を言えないダサ男たち

まあ、こんなレベルの会話は、流石にする人は少ないだろうが、ちょっとしたところでやりがちな人は多い。


特に、「自分は年上だから」意識である。


なんかしら「教えてあげる」とカッコいい、「悟っている」とカッコいい、そうじゃなくちゃいけない、1ミリも否定されたくない、という意識。


これは、ハッキリ言って「しょうもない、ちっちゃい」事なのである。


むしろ、「そうだったんだ、俺間違えてた、教えてくれてありがとう」と言える男の方が、断然カッコいいし好感が持てるし、会話は広がる。


「帰ったら調べてみるね」まで言えればパーフェクトである。


どんな人を相手に喋っているかわからないのだから。
相手が万が一大学教授なんかだったら、もうアウトである。


相手でなくとも、居合わせた人間がそうであったら、恥の拡散でしかない。


それから、何か相談をされた時。


女性の相談事というのは、だいたい「ある程度自分の中で結論が出ていて、背中を押すために肯定してほしいもの」である。


これがまた、男性からすると厄介かもしれない。


「ああ言えばこういうし、こう言えばああいうし、どうしたいの?」


と思うことが多いのではないだろうか。
これは複雑そうに見えて、そうではない。


結局のところ、否定されるのは嫌だが、「あっさり肯定される」のもイラっとしてしまうのが女性心理というものなのだ。


なんだか、この人、他人事だと思ってるなあ、と感じてしまうのである。


「お前何様やねん」となってしまうのだ。


この時も、「分からない」を適度に挟む必要がある。


「この部分は自分は分からないけど、個人的にはこう思うよ」。


これがとても嬉しいので、意識しておくと良い。
時々質問を挟むのも良いし、肯定するときは理論的に肯定する。
これが良いのである。


何度ループしても、イラっとしない強さもまた大切。

「君ってだよね男」

世の中には、「思ったことがついつい、すぐ口から出てしまう」人種が存在する。
これは修正するのがなかなか難しい。


「君って、○○だよね」は、そのうちの一つである。


女性心理は複雑なもので、的外れなことを言われると「お前何様やねん」となる。


ここには、一つの基準がある。
「とても良い要素 + だよね」ならば、言ってしまっていい。
「そんなことないですよー」と言いつつ、女性は喜ぶ。


よほど良い要素以外ならば、「○○ように見えるんだけど、違うかな?」と質問にしたり、「違ったらごめんね」と前置きをするのが良い。


違っていても修正がきくからだ。
うまくすれば、ああ、この人、自分のこと見てくれているなあと思われるかもしれない。


しかも、この話法の効能は小手先のことだけではない。


実際、言うにあたっても観察が必要なので具体論を上げる必要があるし、言われた女の側も、「そういう風に見られることもあるのか」と、あわよくば「勉強になるなあ」と思ってくれる可能性があるのだ。


ちなみに、ネガティブ要素が150%アウトなのは、言わずもがなである。


本当の優しさから伝えたいときは、「それがまた良い所」「優しすぎるからかな」「賢すぎるからかな」と、ポジ要素で補うことを忘れずに。

「スピード違反男」は完全アウト

女性の「距離感」というのは独特、掴みにくいと思う人も多いのではないだろうか。


実際、その通りである。


前のめりだと嫌われる、もたもたしているとイライラされる。
一方で「運命の出会い!」とか言うのが好きだったりする。


しかし、ちょい押し、ダメだったらすぐに引っ込める、そういう形が好まれがちである。
「引っ込めかた」の方が大切でもある。


以前、「エライ目」に遭ったことがある。
仕事で、ある企業の担当者と長期プロジェクトを一緒にやれることになった。


長い付き合いなので、最初が肝心と思い、まずは東京で日中に顔合わせ。
その後、相手方の地元にもご挨拶に行った。


まあ、「飲み会」である。


それが2回目の対面。
一緒に行った男性の先輩は、家庭の事情により、最終の新幹線でご帰宅。


私はもともと、間に合わなければ始発で東京に帰る予定だったので良かったのだが・・・


2軒め、3軒めとハシゴ。
午前様になってようやく店を出て、その中で一番若いG氏は上司2人のためにタクシーを止め、お見送りした。


律儀だなあ・・・と思っていたのもつかの間である。
こちらに居直って、突然全力で抱きしめてきた。


「あのね、好きになっちゃった」。


うぎゃー。おい、待て。
今日が、顔見たの2回目なんですけど?
お前何様やねん。私の何を知っとんねん。


そして、地の利を生かして、ホテル(ラブホではない)の前で一緒に降りられたり、「会社の提携ホテルを使ってください」と送ってくれたのは良いけれど、チェックインしている間に荷物を奪われてしまった。


部屋の前でかなり押し問答したあと、ようやく解放された。
ああ、死ぬかと思った。これからの付き合いの方が長いのにどないすんねん。


・・・不安は的中したのである。


出張となると何かとヘロヘロになるまで飲まされ、解散後にメールの嵐。
物理的に危うく部屋まで来られるところだったり。


なんやかんやでプロジェクトは終わり、解放されたのだけれど・・・


普通、何回か断られたら一旦引っ込めるだろ。
こっちが逃げられないのを知ってやがるのか、単なるそういう気質なのか・・・。


ドン引きはそれだけではない。


別に交際に発展したわけでもないのに、ここは私も悪いのだけれどいろんな事情を話した。


そうしたら・・・


「僕は長男ですけど、でも、なんとでもします!」


いや・・・
あんたは法定速度の倍で走ってるぞ?
「ちょっと様子を見てみる」ということを知らんのか?


ここで、「ゆっくり待ってますね。でも期待はあまりしてません。」
とか言えば、ちょっと気になるのに。


せっかく、一般的には「優良物件」なのに。
一流企業勤務、同性からの評判は良い。


でもね・・・


こうなると、無理。生理的にも無理。


なんやかんやで、プロジェクトが終わって以降は連絡は取っていない。


今は結婚し、一児の父である。


その知らせを聞いた時ほど安堵したことはない。
良い旦那さん、良い父親になることは間違いないと思う。幸せを願います。

謙虚こそ知性なり

ちょっと濃いメンズの話をしてしまったが、ここまで行かずとも、注意事項である。


女性は、何か結論が出なくても、「会話していること」を重要視する。
好きな音楽をずっと聞いているように、音声として楽しんでいる部分がある。


だから、「長時間話したけど、内容がなかった」ことについては平気なのである。
「何か教えてあげなきゃ」「何か結論を出してあげなきゃ」と思い込みすぎると、逆効果になることがしょっちゅうある。


悩みが入り口でも、帰る頃には笑っているのが最大のストレス発散。
それは男性陣も同じではないだろうか。
そのように会話をエスコートできる男性は一緒にいたくなる。


そして、ループする話を遠慮なく続けられるのは、あなたのことを信頼しているからだし、長時間接していても居心地が良いから。


自分が出るところ出ないところにメリハリをつけながら、全体としては他愛もないおしゃべりの相手をしてくれる男性は魅力的に映るものなのだ。

【お知らせ】

この記事が気に入ったら、Twitterアカウントをフォローしませんか?
 「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。

Twitterアカウント▶https://twitter.com/LB_Media_
LIFE BOOSTER(「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。モテる(生き方)、恋愛、出世、ファッション、趣味・遊びについて発信。)


<うさぎ66号>
アラフォーWebライター。大学卒業後、東京の一部上場企業に就職、それなりに勤めたのち退社。学生時代は主に夜の世界を学び、数多くのサラリーマン観察を経験。学校では「動物行動学」を専攻としていたため、人間の行動のなかに野生の本能を探す癖がある。

Photo by michael schaffler on Unsplash

Translate »