「君はSとM、どっち?」~人の性向を決めつけてはいけない~

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ここは六本木のとある会員制バー。
30代から50代の働き盛り、遊び盛りの男女が集まり、夜毎楽しい時間を過ごしています。


そんな紳士淑女と密に接してきた元スタッフである私が、「モテる男」とはどういうものかについて、見てきたこと、感じたことをお話しします。


今回のテーマは「人をSかMかで決めつけること」についてです。
当店のお客様の中には、SMを趣味や生業とする方々がたくさんいらっしゃいます。


彼らと接してきて思うのは、人間の性向は複雑である、ということ。
そんな複雑な人間の機微について、SM界を参考に考えてみたいと思います。

「君はSとM、どっちかな?」

「S」とか「M」とかいった用語は、元々使われているアングラな世界を飛び出して、わりと平気で日常生活の中にまぎれこんでいます。


「君はS?それともM?」


合コンの時や、新歓コンパなど、知り合ったばかりの女性に対して、性格を診断する程度のフランクな調子で訊ねる男性をよく見かけます。


「いじめるのが好きか。それともいじめられるのが好きか。あなたの性格はどっち?」
その程度の意味合いかと思うのですが、その裏には、性的な含みのある言葉をそれとなく投げかけて、セクハラのラインすれすれを楽しんでみたり、下ネタをさらっと言える男を演じてみたり、といった下心が見え隠れします。


会話のとっかかりとして、ただの遊びとして話題にするのはいいのですが、「SかMか」を真面目に議論したがる人が意外に多いものです。


こういう男性は、お客様の中にもたまにいらっしゃいましたが、少なくとも当店においてはあまりモテないタイプの方でした。


セクハラだからとか、下ネタはダメとかいうことではなく、人間の性向をSかMかで決めつけてしまう単純さに、思考の浅はかさを見切られてしまうからです。


特に、本物のSM界に足を踏み入れている方々にとって、そういう「シロウトさん」の発言に、「ちょっと聞き捨てならない」と感じる場合もあるようで、「SかMかって、そう簡単に決められるものではなくてね」と真剣に指導が入る場面も幾度かありました。


話しを拝聴するたびに、人間の複雑さを考えさせられたものです。
当店によく来られる常連カップル、TさんとMさんについてもそうです。
週に一度は必ず来られる、とても仲のいいSMカップルです。

SとMを演じ分ける美女Mさん

当店の常連客であるTさんとMさんは、公私ともにSとMの関係です。
プライベートでは縛り師として有名なTさんと、そのモデルとなるMさん。
写真を拝見したことがありますが、細身で背が高く、きめ細かな肌で、まるで作り物めいた美しさでした。


また、Tさんは都内で様々な店舗を経営している実業家で、そのうちの一つに趣味も兼ねたSMクラブがあります。
パートナーのMさんは、そのSMクラブの女王様なのだそうです。


サディストとしてマゾヒストのお客さんを「もてなす」Mさん。
細面で眼力のある方なので、ボンテ―ジ姿で鞭を持つ姿は容易に想像ができました。


ある日、Mさんは、Tさんとではなく、別の若い男性と来店してきたことがありました。
普段Tさんといるときとは違い、やや暴力的な言葉遣いで男性に強めに当たります。
顔つきも完全にサディスティックなそれで、TさんといるときのMさんとは別人のようでした。


どちらが本当のMさんなのでしょうか。
もちろん、どちらも本当のMさんです。
人は、接する相手によってキャラを演じ分けるものです。


人間を意味する英語“person”の語源は、ラテン語の“ペルソナ”です。
ペルソナとは、もともと演劇で使われる仮面のことでした。人は、人間社会において仮面を身に着けて生きている、ということです。


Sになりたくなったり、Mになりたくなったり、それは相手によって変わります。
たとえ同じ相手であっても、その時の精神的なコンディションなどによって、立場が入れ替わるようなこともあるでしょう。


人の精神、性向というものはとても複雑かつ流動的で、SかMかの二元論では語れません。
Mさんは、サディストとマゾヒストの仮面を意識的に使い分けていましたが、多くの方は無意識に演じているはずです。


そうした人間の機微を敏感に感じ取れる男はモテるでしょう。
相手が望む人物像を演じればいいわけですから。


それは、相手をコントロールする立場にあるといえます。
私見では、こういう方にはサディストが多いかと思われます。


反対に、SかMかで相手の性格を決めつけてしまう、人間の複雑さに気がつけない人は、自分自身にも人として成長、変化していくポテンシャルがないということをさらけだしてしまっているのではないでしょうか。要注意です。

それでも世の中にいる、本物のSとM

人間はSにもMにもなり得るという話をしてきました。
しかし、世の中には相手の性格などには依存しない、絶対的なS、絶対的なMという人がまれにいます。


一度だけ来店した女性が忘れられません。


突然一人でやって来たその方はRさんといって、身分証の提示を迷うくらいに幼くて可愛らしい女の子でした。
実際には28歳でしたが、年齢を聞いた上でも信じられないほどに、表情も言葉遣いも無垢な印象を与えます。


28歳にして働いたことがないというのです。
Rさんが「マスター」と呼ぶ、彼女の父親よりも年上の男性から、約10年間、マンションの一室と生活費を与えられ続けているとのことでした。


彼女は真性のマゾヒストであり、「マスター」は真性のサディストです。
中身についての詳述は避けますが、「マスター」は犯罪的な加虐行為をRさんに働き(警察沙汰になったこともあるとか)、Rさんは肉体的な苦痛を感じながらも、そこに精神的な喜びを得てきました。


あまりのことに、Rさんの父親も別れてもらうように「マスター」と話し合いをしましたが、娘がそのような調子なので、今では父親も諦めて、「マスター」と娘と3人で食事をしたり、SMについて勉強したりしているのだとか。


このように、本物のサディスト、マゾヒストは病的といえるほどに相手の出方に関係なく突き進める人たちで、バランス感覚は保てません。


それだけ突き抜けていれば、SかMかで決めつけてしまってもいいでしょう。
それはそれで魅力な人たちかもしれません。


しかし、真似をしようとしても、できるものではないです。
真性のサディスト、マゾヒストとお付き合いするには、それ相応の覚悟が必要だと付け加えておきます。

まとめ

人は相手によって加虐的にも、被虐的にもなりうる複雑な生き物です。
「SかMか」で人間を割り振ってしまうのは、あまりに単純すぎます。


性的な場面においてだけではなく、人間の実社会での性格や趣味といった領域にも通じるもので、そのあたりの細かな心性に対応できる男は度量が大きく感じられます。
女性だけではなく、男性からも信頼される人間となるでしょう。


表面的な仮面ではなく、内面で揺れ動く心の機微を見抜く観察眼は、恋愛においても、仕事においても必要な能力だといえます。

【お知らせ】

この記事が気に入ったら、Twitterアカウントをフォローしませんか?
 「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。

Twitterアカウント▶https://twitter.com/LBooster_forMen
LIFE BOOSTER(「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。モテる(生き方)、恋愛、出世、ファッション、趣味・遊びについて発信。)

 


渡辺 悠樹
プロフィール
千葉県出身。現在山形県在住。ライター。地方の医療、観光、農業、食文化の記事を執筆。
慶応義塾大学文学部卒。会員制バー、出版業、食肉卸業、行政職員などを経験。
学生時代は落語と野坂昭如に傾倒。20代は酒とツーリングばかり。震災を機に山形へ移住。
小説に、渡辺麦角『壁向こうのリズム』(いるかネットブックス)https://www.cmoa.jp/title/1101018705/
ブログ  https://note.com/bakkaku

Photo by Artem Labunsky on Unsplash

Translate »