年間1000人の男性と話してわかった めったにいない「イケてる男性」の特徴とは

出典:総務省消防庁「ハラスメントのない職場の実現をめざして」

 

ダンススクールの責任者をしていた、19歳の頃の話です。

私にその仕事を紹介してくれたのは、恩師である自分の先生でした。

受け持っていたスクールは生徒の保護者が主宰で、いわゆるステージママのような方です。

 

「私たちが作ったスクールなんだから、決定権は先生じゃなくてママ達にあるの」

 

そんな”ママ達が一番”と言う中で私は味方がおらず、精神的にどんどんやられていってしまいました。

 

「もう、いよいよ無理です辞めたいです先生・・・」

 

教え始めて1年後くらいにしんどくなり、この時に初めて、紹介してくれた先生に相談する事にしました。

先生は親身になって対処してくれて、ダンス組織の上の方の人にも話を回してくれました。

しかし話し合いを重ねても辞めさせてくれず、最終的には揉めに揉めてやめてしまいました。

大好きだった子ども達にサヨナラも言えないまま・・・です。

 

当時は辞めてすぐに先生から、

「話は聞いたけど、大丈夫だからダンス界隈には気にせず出ておいでね!」

とのメールまで頂きました。

 

しかし、その時は完全に病んでいて、

「本当にすみませんでした」

と返せたのみ。

先生とのやり取りも6年前から止まっています。

嫌なやめ方をしてしまったことも、ずっと後悔していていました。

 

しかし、その6年後に先生とあるきっかけで再会する事になったんです。

 

最前が最善であれ

 

「今度、〇〇先生とご飯に行くんだけどどう?」

 

お世話になった先輩に声を掛けて頂き、恩師と再会する事になりました。

久しぶりにお会いした先生は私に一切怒ることもなく、むしろ

「何もしてあげられなくてごめんね」

と話してくれました。

 

「色々あったと思うけれど、今は幸せ?」

「はい!幸せです」

「よかった。あのね、『最前が最善であれ』って言う言葉があるの。最前の部分が一番良い人生なら、きっと頑張れるよ。」

「・・・はい」

「歳は重ねるけど、私は、今のダンスが一番好きになれるように努力を続けている。今が一番良くなるよう、常に今を見るように心がけているの。」

 

そんな話をした先生は、40代でダンサーとして現役ではありません。

しかし、

「今が一番良くなるように努力する事」

「最前が最善である事」

に重きを置いている先生の考え方に、自分の後悔が晴れていくのを感じました。

 

仕事で出会った男性も、過去の話をする人が多かった

 

私はダンサーをやめてしまった後、キャバクラで夜の水商売をしていました。

その当時、年間で1000人ほどの男性と話す機会があったのですが、話題は「過去の栄光」ばかりです。

 

「俺、学生時代に部活で全国大会に行った経験があるんだよね」

「若い頃はよかった」

「学生時代は頑張っていた」

 

そんな話ばかりで、”今が一番楽しい”と言う人はほとんどいないんです。

若さもあり、「へぇ〜」と聞き流し、男性が過去の栄光を語るのは普通だと思っていました。

そして、

「男性は、若い時だけ輝ける存在なのか~。」

そんな風に思っていました。

 

「やりたい事は若いうちにやっておきなさい」

そんなお話も、20代前半の頃によくお客様に言われてました。

 

「自分も30代40代になったら、自分というものを殺しさないといけないのかー。楽しみややりたい事は、諦めないといけないんだろうか。年齢ってそういうもんなんだな。」

40代50代の男性に言われ続けた私は、次第にそう考えるようになりました。

 

しかし数は少ないものの、中には

「今後はもっと従業員に還元したい」

「かっこいい大人になりたい」

と、まるで若者のような経営者、仕事にガツガツしている40代50代の方もいるんです。

この違いは・・なんなんだろう?

 

「年齢なんて、全く関係ない。歳を重ねても、今が一番楽しい。今の自分が一番かっこいいと思えるダンスがしたい」

もしかしたら世の中には、『最前を最善であろう』としている人は少ないのかもしれません。

 

出世コースか転職かで悩む兄の決断

 

この言葉を再び思い出すきっかけになったのは、兄の転職です。

兄は29歳で

「30代を前に今の仕事を辞めたい」

と、転職活動を始めていました。

管理職として出世する事が決まっていて、3年同棲していた彼女と結婚も考えていた時です。

 

「ベンチャー企業に興味がある。でも、給料はそこまで良くない。今の大きい企業にいた方が、出世コースが約束されている」

 

将来を見据えて今の仕事で出世を取るか。

自分の挑戦したい仕事に転職するかで悩んでいる様子でした。

 

「彼女は何て言っているの?」

と聞くと

「あなたが自分で決めてね」との事。

兄の立場で考えると、確かに悩むな・・・。

 

しかし、今の会社はかなりブラックな環境で、会社としては大きいけれど毎日の出勤が苦痛のようです。

30歳でこのまま続けていれば、出世できるかもしれない。

彼女との事を考えると、年齢的に落ち着いていた方がいいのかもしれない。

この話を聞いた時に、先生の言葉が頭に浮かびました。

 

「最前が最善であれっていう言葉があるんだけどね・・・」

 

そんな受け売りの話をし、

「本当は、今の自分にとって幸せなのはどっちなの?」

と問いかけます。

すると兄は「転職したい」と即答。

結果的にその後兄は転職をし、大企業の出世コースも蹴ってしまいました。

お給料は下がったものの、ホワイトな環境で時間に余裕ができ、大好きなバンド活動を再開。

それをきっかけに、今は全国でライブ活動をしています。

 

「あの時、お前がああやって話をしてくれなかったら、将来が怖くて転職していなかった。多分、周りから見ると自分の選択は間違ってるかもしれない。けど、今が一番楽しい」

そう話す兄を見て、実家に一緒に遊びに来ていた彼女もすごく笑顔でした。

5年後10年後を見据えてそのままの企業に勤めていたら、きっと兄の笑顔は見られなかったのかもしれません。

 

今の自分と向き合える男性はかっこいい

 

「今、自分はどう生きていきたいのか」

と向き合える人は、大人になればなるほど少なくなってしまうのかもしれません。

しかし、「今が楽しい!」と即答できる男性は、女性から見てキラキラして見えます。

40代でも50代でも、例え薄毛であったとしても関係ありません。

 

もちろん、中には

「今は辛抱してでも、出世や将来の事を一番に考えてよ」

と言う女性もいるかもしれません。

むしろ、その方が多いのかもしれない。

 

しかし、兄の今が一番楽しそうな姿を笑顔で見守る彼女を見て、

「こんな女性と付き合えて兄は幸せだな」

と感じました。

そうやって、自分の”今の状態”を受け入れてくれる女性も、意外と少ないのかもしれません。

 

“今”という瞬間を常に良くして行った結果、将来が変わっていくのでは?と最近感じます。

「最前が最善であれ」

自分も、歳を重ねても今をアップデートしていける大人になりたい。

また、そうやって今の自分と向き合える男性はかっこいい。

 


【プロフィール】

元ダンス講師・キャバ嬢という異色の経歴。

20代前半でシングルマザーになり、ネットショップの立ち上げやWebメディアの運営をしているフリーランス。

色んな場面で出会った人達から学んだ、体験談を交えた話を執筆中。