恋愛占いより確実に当たる!「自分に気があるか」を見抜く恋の裏技とは

出典:厚生労働省「こころの耳」  

 

「脈アリかどうかを判断する方法」

というのは、恋愛テクニックにおいてもっとも基本的なもののひとつであり、多くの人が注目するトピックでもあります。

たとえば、LINEの返信が早かったりよく褒めたりしてくれるのは、典型的な 「脈アリのサイン」 ですよね。

でも、相手の気持ちを確かめたいなら、もっと簡単な方法がありますよ。

意中の相手に、「どんな人が好み?」と聞けばいいんです。

どうです、簡単でしょう?  

 

好みのタイプを聞けば、脈アリかどうか推し量れる

 

好きな人が自分のことをどう思っているのか。

これはだれもが気になることです。

だからといって、 「じゃあ本人に直接聞くか」 というと、なかなかそうはいきません。

というわけで、 「脈アリかどうか判断する方法」 というのは、古今東西片思いしているだれもが知りたいことでしょう。

 

いろんな人がいろんな方法を挙げますが、わたしのなかでは一択。

たったひとつ質問をするだけです。

「どんな人が好み?」と。

 

この質問の反応で、相手が自分を恋愛対象に入れているかどうか、ある程度推し量ることができます。

もしあなたが、好意をもっている人に好みを聞かれたら、どう答えますか?

相手が年下で黒髪、連絡をマメに取りたいタイプだったら?

「年下が好き」 「茶髪より黒髪がいい」 「連絡は苦にならない」

なんて言いません?

それとなく相手に匂わせる答え方をしたり、相手が当てはまるタイプを答えますよね。

 

好きな人が年下で、相手から 「どんな人が好み?」 と聞かれたとき、 「年上!」 だなんて答える人はまずいません。

だから意中の相手に、 「どんな人が好み?」 と聞いてみればいいのです。

 自分が年上なら、例えば相手に 「年上と年下どっちが好き?」 と聞いてみてください。

あなたに気があれば、迷わず「年上」という返事が返ってくるでしょう。

 

「自分は用事がなくてもLINEしちゃうタイプなんだけど、それって面倒くさいかな?」

と聞いてみてください。

あなたに好意をもっていれば、高確率で 「嬉しいよ!」 と返ってくるはずです。

好みを聞いて、自分に当てはまるように答え続けてくれるのであれば、それは「脈アリ」と判断できるのです。  

 

友達と好きな人、相手によって答えが変わるのがポイント

 

ただ、

「相手は正直に好みを話しただけで、たまたまそれに合致していただけなんじゃないの?」

と思うかもしれません。

たしかに、その可能性もあります。

 

でも好みの話を続けていくと、「友だち同士の会話」「意識している人との会話」では、流れがけっこうちがうんです(実体験)。

 

たとえば、あなたが

「束縛されるのはあんまり好きじゃない」

と言い、意中の相手が

「そうなんだ〜。わたしヤキモチ妬いちゃうタイプだなぁ」

と言ったとしましょう。

そのあと、どう話を続けますか?

 

「かわいい嫉妬ならいいんだけどね〜。○○ちゃんはそのあたりの線引きは理解してる感じがするけど」

「激しい束縛が苦手なだけで、ヤキモチ多少妬かれるのはむしろうれしいよ」

というようにフォローしませんか?  

「へー。面倒くさいタイプなんだ」 なんて、口が裂けても言いませんよね。

 

 一方友だち同士なら、

「束縛されるのはあんまり好きじゃない」

「そうなんだ〜。わたしヤキモチ妬いちゃうタイプだなぁ」

「まぁ○○ちゃんはそういう性格だよね。でも俺はそういうの苦手だからさぁ。元カノがそういうタイプで結構ケンカ多くて」

のようになると思います。

 

恋愛対象として見ていなければ、自分の好みと相手の性格がちがっても、わざわざフォローしませんし、する必要もありません。

しかし好きな相手に対して、

「自分たちは恋愛の価値観がちがう」

という話の方向に持っていく人なんていませんよね。

好みからズレていたら、 「それでも大丈夫だよ」 とフォローを入れるのが当然です。   だって、「じゃあわたしたちは合わないね」なんてなったら困りますから。

 

というわけで、もし相手が

「あなたは自分の好みのタイプです」

と話をもっていくようであれば、

「手応えあり」

と判断してもよいのです。  

 

好きな人に好みを聞かれたら、その人のことを答えることが多い

 

これは、逆の立場でも経験があります。

自分が好みを聞かれたときの場合ですね。

 

たとえば、背が低い男性から

「やっぱり背が高いほうがモテるよね」

と言われたとき。

友だちなら、

「そういうの気にしない女性も結構いるよ」

と答えます。

 

でも相手を意識していたら、

「わたしも背が低いから男の人が小柄でも気にならないし、むしろ目線が近くてイイかも」

なんて言うでしょう。

逆に、背が高い男性が相手だったら、

「身長差あるのっていいよね!」 なんて言ってたかもしれません。

 

本来の好みがショートカットであっても、ロングヘアの人を好きになることはありますよね。

そんなとき、ロングヘアの意中の人に好みを聞かれたら、どう答えますか?

馬鹿正直に 「ショートカットの子が好き」 なんて言い人はいません。

「ロングが好き」

「ショートの子を好きになることが多かったけどそんなに気にしないかな」

と言うでしょう。

 

好きな人相手に、 「あなたは好みから外れています」 なんて言う人は、かなりの変人です。

だから、相手に好みを聞いて、それがどれくらい自分に当てはまるかで、ある程度脈アリかどうか判断できるのです。  

 

相手の好みを聞いたうえ自分の気持ちもアピールできる

 

この質問のいいところは、相手の好みを聞いたら、そのあと相手から

「じゃああなたの好みは?」

と質問返しされる可能性が高いところです。

もし意中の相手が好みを聞いてくれたら、思う存分自分をアピールすることができます。

年齢や外見、性格、恋愛の価値観など、もう 「あなたのことですよ」 と言わんばかりに匂わせちゃえばいいのです。

 

もちろん、相手との関係性によってはやりすぎは厳禁。

とはいえ、「あなたは自分の好みですよ」と伝えるデメリットは皆無です。

 

すでにある程度関係性ができているのであれば、

「この前○○ちゃんはこう言ってたけど、そういうのすごくいいと思う」

なんてハッキリ言ってもいいかもしれません。

言い方や関係性にもよるとはいえ、

「あなたは恋愛対象外」

と言われるより、

「あなたみたいな人は魅力的だと思う」

と言われたほうが、だれだってうれしいですからね。  

 

一石三鳥のこの質問で脈アリかどうか判断していこう

  相手の気持ちを知りたい。確かめたい。

恋をしたら、だれしもがそう思うでしょう。

 

でもそこで、小難しいテクニックや小狡い駆け引きなんてするとロクなことになりません。

結局のところ、素直で丁寧なコミュニケーションが一番大切なのです(持論)。

だから、好きな人には正面切って聞いてみましょう。

「どんな人が好みですか」と。

 

脈アリなら自分が当てはまる答えが返ってきますし、そうでなければ相手の正直な好みを聞くことができます。

残念ながら現状で自分が相手の好みに当てはまっていなければ、当てはまる努力をするか、もしくは好みなんて関係ないと思ってもらえるようにアピールすればいいのです。

 

脈アリかどうか判断もできるし、相手の好みを知ることもできるし、自分の気持ちもそれとなく伝えられる。

一石二鳥ならぬ一石三鳥!   というわけで、

「脈ありかどうか」

と悩んでいる人は、正面切って相手に聞いてみることをオススメします。

 

「どんな人が好みですか」と。    

 


雨宮 紫苑(あまみや しおん)

91年生まれ、ドイツ在住フリーライター。

Yahoo!ニュースや東洋経済オンライン、ハフィントンポストなどに寄稿。

ブログ「雨宮の迷走ニュース」運営。

著書「日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち」(新潮新書)