白人、黒人、日本人 あらゆる女性からモテまくったボクが伝授するモテる方法論

ボクは国内外のあらゆる女性から愛の告白をされ続け、モテ続けてきた。

友人から「モテ男」と言われたこともあるが、俳優やアイドルのように並外れたルックスを持つわけではない。

それでも僕がモテたのは、常に身だしなみを整え、察知力に優れていたからだと思う。

経験談から言える、ハゲでもチビでもモテる男になる方法を、今回はご紹介したい。

 

モテる男の身だしなみ術

 

恋人選びにおいて、外見よりも中身を重視する人は多い。

実際に、外見だけでちやほやされるのは、若い頃だけだろう。

 

だからといって、ルックスが重視されないというわけでもない。

イケメンになる必要はないが、モテるためには年齢に関わらず、身だしなみを整える必要があるのだ。

男が外見を整えるのはダサいなんて考えはもう古い。

そもそも、女性が時間をかけてメイクやオシャレをしてくれるのだから、男性が身だしなみを整えるのは当然だろう。

 

そんなボクが考える、オトコがモテるためにもっとも重要なパーツは2つだ。

ひとつが眉毛で、もうひとつが髪型である。

この2つを意識するだけで、印象はぐっと変わる。

逆に言うと、この2つを疎かにしては絶対にモテない。

 

眉毛を整える鉄則は、やりすぎは禁物ということ。

あなたが中高生なら別だが、ヤンキーやホストのように細すぎる眉毛は万人受けしない。

男性の眉毛ケアは、元の形を残しつつ、目に近いムダ毛を抜いたり、長さを調節したりするだけのナチュラル風が一番だ。

 

モテるオトコをつくる上で、最も重要な外見は、髪型。

男の髪形は女性のメイクと同じであり、手を抜いたらどんなイケメンも台無しである。

髪型を変えるだけで、ぐっと印象が変わり、自信もつく。

日頃から安い床屋で散髪している方は、少し高めの美容院やバーバーに行くといいだろう。

本物のプロは、たとえ薄毛であっても必ずカッコイイ髪型にキメてくれる。

トレンドに敏感な美容師なら、あなたにぴったりのヘアスタイルを提案してくれるはずだ。

 

また、せっかくのヘアスタイルも、髪が伸びてきたら、野暮ったい印象になってしまうので注意しよう。

綿密な計算でカットされるショートヘアだからこそ、毎月散髪に行くのがおすすめだ。

定期的にカットすることで、常に洗練された印象を与えられるので、必ず意識して欲しい。

 

外見を整える際の心構えは、自分ならではの強みを見つけることだ。

いわゆる女性受けの良いルックスに寄せるだけでは、大多数の中に埋もれて終わってしまう。

今の自分に似合うルックスを追及したほうが、魅力的に映るだろう。

 

僕の場合は、太く濃い眉と高身長が人目を引くパーツだった。

眉毛は凛々しさを活かすため、目に近い部分の毛を抜くのみ。

細く整えても、平均に収まってしまう。

それなら、個性的な眉毛を活かそうと考えたのだ。

 

ファッションはそれほど興味がなかったため、パーカーやシャツとジーンズばかり。

だがシンプルなコーデだからこそ、背の高さが引き立ったのだと思う。

 

また、ルックスは年齢や環境に合わせて変化させるべきだ。

僕が大学生だった時は、年齢や当時の流行もあり、ロン毛で細身の体型だった。

しかし、20代後半で外国に住んでいる今は、短髪で幾分か筋肉をつけた健康的な体型である。

 

モテるためには、年齢や環境に合わせて、ルックスや考え方を変化させなければならない。

いつまでも若い頃と同じままで、勝負できると思わないほうがいい。

 

ただ優しくて面白いだけの男は異性として見られない

 

女性が好きな男性のタイプで圧倒的に多いのは、優しい人だろう。

ただ、女性が求める優しさを取り違えると、異性として見られなくなる。

よくあるのが、

「友達として見ていた」

と断られるパターンだ。

僕が考える女性の好きな優しさとは、特別な気遣いである。

 

特別な気遣いといっても様々あるが、一般的なのはエスコートだろう。

僕の経験上、エスコートは喜ばれる。

ドアを開ける、女性の歩くスピードに合わせる、上着を脱ぐのをフォローする、飲み物に気を配るなどは少し意識するだけで行える。

 

エスコートは、相手を思いやる優しい行動であると同時に、異性を意識させられる行動でもある。

日本人男性は恥ずかしがってしまう傾向にあるが、何もしないよりかはエスコートをした方がずっといい。

 

特に難しくエスコートについて考えなくてもいい。

僕もエスコートについて学んだことはない。

相手が何をされたら嬉しいのかを察知して、行動してきただけだ。

 

また、ただの優しい友達にならないためには、相手を笑わせてばかりではいけない。

ユーモアを備えることは大切だ。

しかし、いつもお調子者だと、友達どまりのままである。

 

外国映画やドラマに出てくる紳士やモテ男を思い浮かべてほしい。

彼らは時にユーモアを発揮するものの、女性と2人でいる時は、弱みを見せたり、シリアスな雰囲気を出したりする。

 

女性には積極的に褒め言葉をかけるべきだが、冗談っぽく言ってはダメだ。

褒め言葉こそ、目を見ながら誠実に伝えるべきである。

時に笑いは素直な感情を殺す。

異性として見られたいのなら、照れ隠しのための笑いなんていらない。

 

モテる男が子供に好かれる理由

 

昔から僕は子供に好かれる。

ほんの少し話しただけで、抱き着かれたり、子供たちに囲まれたりする。

 

つい先日のことだ。

知り合いの誕生日会に行った際、小さな女の子が僕にべったりくっついていた。

僕が女の子と話している様子を見て、ある女性は「あなたモテるでしょ」と言ったのである。

 

その女性の持論だが、子供に好かれる人はモテるらしい。

その根拠は、彼女の周りにいるモテる男性は、例外なく子供に好かれていたということ。

よくよく考えてみると、僕は妙に納得してしまった。

というのも、いくつかの点で僕は、子供と女性には同じように接しているからである。

 

昔から話すのが苦手な僕は、基本的に聞き役に徹する。

相手の趣味や好きなことを質問して、気持ちよく話してもらうのだ。

そして、絶対に相手の話しをジャッジしない。

共感もしくは受け入れるだけである。

そのスタンスは子供達に対しても変わらないから、彼らは楽しそうに様々なことを話してくれる。

 

また、誰とでも楽しめるのは、僕の強みかもしれない。

内気な性格からネガティブと思われがちだが、僕はどんな活動や状況でも楽しめる、根はポジティブ人間だ。

それは女性とのデートでも、子供と戦隊ごっこやおままごとする時でも変わらない。

人に好かれるには、相手の熱量に合わせることが重要なのかもしれない。

 

僕の穏やかな性格も、子供に好かれる理由だろう。

決して声を荒げることはない。

どんなに格好良くとも、ジェントルマンであろうとも、怒りや不機嫌さを出す男性が、女性と子供に好かれることはない。

人間が怒る姿は純粋に怖ければ、周りの雰囲気も悪くしてしまう。

何より、怒りや不機嫌さを出すことは、感情のコントロールができないと言っているようなものだ。

 

子供に好かれる大人は、穏やかで聞き上手で、相手の熱量に合わせられる人間である。

そして、そんな大人の男性は女性にも好かれやすい。

 

モテる男は察知能力に優れたジェントルマンだ

 

人を喜ばせることに長けていた僕は、ホテルマンこそ天職と考え、大学時代に外資系高級ホテル数社に内定を決めた。

穏やかで紳士的な振る舞いができるホテルマンは、まさにモテたいと願う男性のお手本だろう。

僕が1年ほど働いたホテルでは、スタッフルームにこんなメッセージが書かれた張り紙がいくつもあった。

 

「ゲストが無意識に欲しているものを提供する」

 

つまり、ゲストが「これが欲しい」と思う前に、察知して提供するのだ。

モテたいと思うのなら、これをできるようになってほしい。

相手の行動や表情などを読み、適切な言葉をかけたり、行動をしたりするのだ。

ルックスや年齢に関係なく、1を見聞きして10を察知できるジェントルマンはモテるだろう。

 

 


奥川駿平
アルゼンチン在住のフリーライター。

アルゼンチン人と結婚するため、大学卒業後の2015年アルゼンチンへ移住。

2017年よりフリーライターとして活動。

マテ茶と伝統炭火焼肉アサードをこよなく愛する。