モテナイ男の特徴はこれ!イケメンの無駄遣いに気をつけよう

 

モテる異性の特徴を知るには、一緒に働くのが一番です。

これは、職場恋愛における離婚率の低さからも確証が持てます。

 

私は、学生時代のアルバイトを含めて15社以上の職場を経験してきました。

つまり、さまざまな男性を身近で観察してきたということです。

そして今回は、三十路の私が出会った「モテる男」と「モテない男」の体験談です。

 

モテ男①「ファーストフード店のアイドル!学生バイトAくん」

当時19歳だった私は、学生らしく某ファーストフード店でアルバイトをしていました。

なんとなく業務にも慣れた頃、新しく入ってきたのが18歳のAくん。

カワイイ系のイケメン。

あまりにもイケメンだったので、Aくんが出勤する度に周囲は「かわいい!」の連呼。

まるでお祭りでした。

未成年の分際で人生に疲れていた私は、祭りに参加することもなく

「はいはい、人生イージーモードで何よりですね」

と冷めた目で見ていました。

 

しばらくすると、バイト先の店舗が業績悪化で閉店することに。

チェーン店だったので、近隣の店舗で引き続き雇ってもらえることになりました。

偶然、Aくんも同じ店舗でした。

ここでも、彼の人気は健在。

数ヶ月経った頃、たまたま休憩室で2人きりになりました。

 

Aくん「お疲れ様でーす」

私「お疲れ様。相変わらず人気だねー」

Aくん「いや、マジだるいっす。別に俺イケメンでもないし」

私「そうなの?私は死ぬほど気使ってるから、うらやましいんだけど」

Aくん「まぁ、それは得してるかもしれないですけどw」

私「腹黒かよ」

Aくん「てか、前から思ってたんですけど、○○さん(私の名字)だけですよ」

私「何が?」

Aくん「いちいち、イケメン扱いしてこない人w それに一番話しやすいっす」

 

深い意味はないですが、サラッと特別感を出すのが上手ですよね。

 

モテ男②「最悪の第一印象を覆す!眼鏡屋店長Bさん」

当時20代前半だった私は、眼鏡屋で働いていました。

若年層の離職率が高く、気づけば平均年齢は35歳。

そんな時に新しく店長として異動してきたのが、28歳の新婚B夫さん。

今思うと、あの幸せそうな新婚ノリが、荒んだ独女たちには、受け入れがたかったのかもしれません。

 

本来は明らかにモテるタイプでしたが、自己紹介のタイミングで生意気と思われてしまったようでした。

私は女性同士のギスギスした雰囲気に疲れ切っていたので、男性社員が増えたことを内心喜んでいました。

しばらくしたある日、他店のベテラン社員がヘルプスタッフとして来てくれました。

どうやら、Bさんと仲良しらしく。

 

社員「Bさん大丈夫?馴染めてる?」

私「んー今のところ、あまり良さが伝わってないかもしれないです」

社員「なるほどねー」

私「早く馴染めるといいですけど・・・」

気にかけてくれる人がいる時点で、悪い人ではないのだろう・・・

そう思いました。

 

翌日は、ちょうどBさんと同じ業務担当の日でした。

Bさん「昨日△△(ヘルプの社員)さん、どうだった?」

私「はい、いろいろ教えていただきました」

Bさん「○○さん(私の名字)のこと褒めてたよ。あんな良い子いないよってw」

私「思い当たる節がなさすぎて、ビックリします」

Bさん「いや、俺もそう思ってるけどね? ○○さん(私の名字)いなかったら、キツいよ。いつも、ありがとね」

やはり、サラッと特別扱いされると嬉しいものです。

一ヶ月くらいすると、Bさんは人気者になっていました。

 

モテる男は一度躓いても、きっかけがあればまたモテ始めます。

 

モテ男③「非イケメンのカリスマ!予備校講師Cさん」

当時20代後半だった私は、予備校で働いていました。

女子社員に一番人気だったのが、35歳のCさん。

京都大学卒業のエリートです。

決してイケメンではありませんが、容姿のマイナス面を感じさせないユーモアのセンスで人気でした。

 

例えば、誰かが

「あいつ、何回ミスしたら気が済むの?病気だろ。病院行けよ」

と怒っていた時のこと。

「んー、本当に病気だったら心配になっちゃうから、ちょっと僕が問診してくるねw」

なんて、言っていました。

 

また、私が早番の女子社員と業務内容で揉めていた日のこと。

彼女たちが帰った後に、Cさんがハーゲンダッツのアイスを買ってきてくれました。

Cさん「アイス食べる人~」

私「大丈夫です」

Cさん「間違えて2個買ってきちゃったんだよね」

私「いただきますw」

このように、サラッとした気遣いができる男性は顔の造形を問わずモテます。

 

ちなみにCさんの奥さんは、元ミスコン美女だとか。

納得です。

 

番外編「典型的なイケメンの無駄使い!Dさん」

顔が整っているだけでは、モテません。

当時30歳のDさんは、Cさんと同じく予備校の社員でした。

 

いわゆる「歩く参考書タイプ」の男性。

勉強に関する知識はスゴいのですが、仕事が全くできません。

容姿は整っているので、一見デキそうな男性に見えるのですが・・・

「僕はダメな人間だ」

何かミスをすると、こう呟きます。

そして自分のデスクに戻り、頭を抱えるまでがワンセット。

職場では完全に浮いていました。

 

私だけは

「そろそろ、一人反省会おわりました?w」

と、面白がっていました。

誰も話しかけないので、だんだん私に懐くようになりました。

女子社員からは「○○さん(私の名字)のペットだ」と揶揄されていた程です。

彼の会話は、基本的にこのような感じです。

「マツエク(睫毛エクステ)何本つけてるんですか?」

「ネイル変えたんですね!」

「前髪切ったんですね!」

仲良くなりたいという気持ちは伝わりますが、ズレているのです。

これでは、いくら容姿が整っていてもモテません。

 

結論:モテる男は、女性をサラッと特別扱いする

女性は、特別感に弱い生き物です。

皆に優しい男性よりも、自分だけに優しい男性を求めます。

 

「あなただけに優しくしていますよ」というアピールを、いかにサラッとできるか。

これが、ポイントです。

こういうことをサラッとやってのける男性は、日常的に他の女性にも同じことをしています。

それで、いいのです。

 

いくら誠実な態度で接していても、相手に「特別感」が伝わらなければ無意味です。

「○○さんに頼まれた仕事は優先している(察して!)」

なんて、本人は一生気づきません。

ラッとした特別扱いには、2つのポイントがあります。

 

・容姿を最大限に生かした清潔感

・下心を感じさせない言動

 

要するに「キモくない」ということです。

モテない男は、心のどこかで「気持ちよくなりたい」と思っています。

 

「自分の話をニコニコ聞いてほしい」

「自分との会話で笑ってほしい」

「女性にスゴイと言われたい」

 

率直に申し上げると、それは「キモい」のです。

便利な物やサービスがあふれた今、「お客様気分」の男性に需要はありません。

もちろん、女性も同様です。

過去には「永久就職」なんて言葉もありましたが、今は共働きが当たり前です。

 

モテたいなら「気持ちよくなりたい」というマインドを今すぐ変えましょう。

どんな女性に対してもサラッとした特別扱いができれば、一生モテます。

会話で女性の感情を揺さぶってみましょう。

 

浅い承認欲求で気持ちよくなるよりも、モテ男となり好みの女性とセックスした方が、何倍も気持ちいいはずです。

我慢した方が、それだけ気持ちよくなれますよね。

男性なら、ご存知だと思いますが・・・

 


 

【ライフブースターからのお知らせ】



オトコの臭い対策に! 塗った瞬間、ニオイが消える「無臭化スティック」登場!

今なら、モテる男を目指す人のためのWEBマガジン「LIFEBOOSTER」読者さま限定!


【100円引きクーポン実施中】
↓続きは、Amazonで要チェック!
https://amzn.to/356xLIP


■フレグランショット無香料100円引きクーポン
プロモーションコード:LIFEBOOSTER
使用期限:~2021/1/31まで



 

画像提供:政府広報オンライン「暮らしに役立つ情報

 

【著者】

名前:ERI

ライター

神奈川県出身

好きな言葉は「罪を憎んで人を憎まず