公務員の収賄はこう裁かれる!飲食接待にビール券、官製談合でズブズブな悪事の末路

Pocket

公務員は、時に現代の貴族とも言われることもあります。

一生安泰でクビになることはほとんどなく、退職後も厚い共済年金、おまけに公務員同士で結婚すれば長期の育児休暇も確実で、復職もスムーズに行えます。

公務員試験は毎年希望者が増え、倍率は4~10倍ほどということです。

 

そんな狭き門を突破した公務員は皆優秀で、自らの仕事を頑張ってこなしていると思われます。

ですが、ごく一部には腐った慣習があり、腐った公務員が立場を利用し私腹を肥やすことがあります。

 

今回傍聴した官製談合の裁判が、まさにそれでした。

「ずぶずぶの関係」と被告自らが語る業者との接待。そして被告からおねだりするビール券。

「昔は当たり前だったから」という談合汚職の被告の姿から、皆さんは何を感じるでしょうか。

 

談合なんて当たり前の世界

記者でほぼ埋まっている傍聴席の1つに腰を下ろします。談合の裁判でした。

被告は40代の男性で、着慣れたスーツ姿で被告人席に座っています。

検察によると事件の概要は以下の通り。

 

・「価格が知りたい」と業者から言われる

・工事設計書のコピーを渡す

・その代り業者から飲食接待、ビール券などをもらう

 

ビール券は年10万円分ほどだったようです。

その代りに渡した工事設計書は、もちろん部外秘の重要書類。

それを「はいこれ」と手提げ袋に入れて執務室で渡していました。

 

詳しい内容について聞くために、被告人質問が始まります。裁判官にうながされ、証言台に歩く被告。

まずは弁護士から被告への質問が始まります。

 

「今回の事件のきっかけについて教えてください」

「ギャンブルなどで知人から借金をしていて、その返済のためにビール券が必要でした」

「それはいつから、どのようにして?」

「平成26年ごろから、妻にも打ち明けられず、借金で借金を返す状態でした」

「今どのくらい借金があるのですか?」

「全部で200万円ほどです」

 

思ったほどの借金ではありませんでした。この年齢の公務員ならば、充分に返済可能な額でしょう。

おそらく懲戒免職になってしまう被告に退職金は出ません。いまは妻のパートで暮らしているとのことです。

たかが200万ほどの借金で公務員をやめなければいけない被告。ギャンブルの恐ろしさを感じる瞬間です。なんてもったいない。

両親も経済的に困窮していて、今回の件を相談できなかったとか。

 

「最後に何か言いたいことがありますか?」

「自分の金銭面のだらしなさを克服し、新たな人生を歩んでいきたいと思います。」

 

弁護人質問が終わりました。

このコメントを本社に送るのでしょう。記者がガタガタッと席を立ち法廷を後にします。

なんてもったいない・・・。裁判のハイライトは検察による被告人質問なのに。

実際にこの裁判でも、被告人の本質に検察が鋭く切り込んでいきました。

 

ギャンブルで作った借金を返済するために業者の力を借りる

検察官は若く、眼力の強い男性です。

あまり普段の裁判では見かけないので、おそらくチンケな事件は捌かないエリートなのでしょう。

ばっさばっさと業界の闇に切り込んでいきました。

 

「ずぶずぶな関係って言いましたけど、それについて詳しく教えてください」

「飲食接待やビール券の代わりに、情報を渡すことです」

「最初はいつ?」

「平成27年です」

「相手は?」

「Yさんです」

「次はいつ?」

「平成28年です」

「それ以降は?」

「記憶していません・・平成29年にもあったかも」

「それからあなたはA地区からB地区に移動してますね?」

「はい」

「B地区に移動になり、Yとの関係はどうなりましたか?」

「とくに情報は求められなくなりましたが、ビール券のお願いはしていました」

 

つまり「異動になりA地区の情報は渡せないけど、ビール券は欲しい」ってことです。

根っから腐ってる小役人だなあ・・・と驚きました。

Yも驚いたでしょう。情報は渡せないのにビール券をねだられたのです。

相当悔しかったのではないでしょうか。

 

「異動後にビール券のお願いが、なぜできるのですか?」

「ちょっと説明が難しいけど、ズブズブな関係の流れでいけるかなと」

「で、ビール券はくれたんですか?」

「金額は忘れたましたが、くれました」

 

Yのニガニガしい顔が伝わってくるようです。

「あの、クソ公務員め・・・」と思っていたでしょう。そして検察の質問は別件についても切り込んでいきます。

 

「B地区で横領事件をしていますね?」

「はい、B地区の平和フォーラムの会計をしているときに、流用をしてしまいました」

「犯罪行為にためらいはないんですか?」

「ありましたが、借金があったので・・・」

 

70万ほどのお金を流用してしまったとのことです。

今回の事件には関係ないかもしれませんが、なんとなく被告の規範性が見えてきます。

後で返せば問題ない、とお金を軽く考える人なのでしょう。

10万円分ものビール券を業者にたかったのも納得です。10万円を稼ぐ大変さを知らないのでしょう。

 

「ズブズブの関係」と被告が表現する公務員と業者の間柄。その具体的な内容についても切り込んでいきます。

 

今後談合をなくすためには?被告の答え

最後に、裁判官から被告人への質問です。

 

「Yと知り合ったきっかけについて教えてください」

「平成15年ぐらいに、自分が監督していた工事の現場代理人でした。その後、別の工事で『前も会ったね』と仲良くなりました」

「個人的なつながりは無いんですか?」

「はい」

「利益供与を受けてはいけないのを知っていますね?」

「はい、職場で公務員倫理の研修を受けています」

「今後、再発防止策を立てる事になると思いますが、あなたの考えはありますか?」

「自分の口からとてもじゃないけど言えません・・・」

 

防犯は空き巣に聞け、ということなのでしょう。

しかし被告はそれに気が付かず、反省を形で見せる大きなチャンスをみすみす失いました。

アホだなあ。

 

「あなたの職場では『他の人もやっているから』という感じですか?」

「昔は当たり前だったから・・という感じです」

 

当たり前だったんですね。驚きはしませんが、腐ってるなあ。

被告の態度からは「なんで俺だけ。。」という空気が溢れています。

 

結論:自分の仕事に誇りを

この裁判では検察は懲役1年を求刑し、3年の執行猶予がついて結審しました。

被告は「今回の件を十分に反省し、新たな人生をスタートさせたい」と前向きでした。

民間人になって初めて、自分のやってきたことが異常だったことに気づくのでしょう。

 

私も過去に異常な業界で働いていました。かんぽ生命の営業マンです。

そこでは悪質な営業をする人が一定数存在し、評価されます。

NHKがドキュメンタリーとしてそのことを報道するまで、それが当たり前の世界でした。

 

自分のやっていることが良くない事と知りつつも、仕事だからと実行してしまう。

そんなことをしていては自分に誇りが持てないし、お金の代わりに大事なものを失ってしまうんです。

退職し、民間の仕事に就いて、初めてそれを知ることが出来ました。

 

悪事が習慣化している仕事なんて辞めてしまうべきです。

自分の仕事に誇りを持てない人間はカッコ悪いし、腐ってます。

 


【著者プロフィール】

ライター名 : 野澤 知克

自営業(飲食店)を営みながら、ふとしたきっかけで裁判傍聴にハマった傍聴ライター。

現在は兼業ライターとして、介護の仕事をしながら裁判所に通う毎日。

事件を通して人間の「生き方」と向き合ってます。

Twitter:@hatinoyado

Pocket