誤解されている?「ハイスペック女子」が惚れる男の条件

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

高学歴、高収入、溢れる才能、才色兼備…


世の中には、天が二物三物を与えたのではないか、と思ってしまう「ハイスペック女子」たちが存在します。


逆にモテないのでは?結婚できなさそう…
色々と言われますが、彼女たちからすれば、そんな妬みは「余計なお世話」。


彼女たちの心を鷲掴みにする男性は存在しますし、ココが違うのです。

ハイスペック女子の特徴

ハイスペック女子がどんな男性を好きになるか、は後述するとして、彼女たちの全体的な傾向を紹介するとこのようなものがあります。


・経済的にも精神的にも自立している
・豪快な一面がある
・冒険を恐れない(または、男女問わず冒険を恐れない人に共感する)
・良い意味でざっくりしている
・一般論に振り回されない
・どこか一つ「抜けている」ところがある


こんな具合です。


それでは、具体的には、どんな相手に惹かれるのか紹介していきます。

学歴は気にしていない

ハイスペック女子は、相手の学歴や職業は、さほど気にしていません。
最低限の社会常識があれば、それでいいのです。


自分の学歴も気にしていません。
「私、学歴のせいでモテない…」なんてことも、あまり考えていません。


彼女たちにとっては、「学歴」は単なる「過去の話」です。
純粋に頑張った結果「ついてきた」もの、それ以上でも以下でもないのです。


学歴があるからこそ得ている立場があったとしても、「いまの自分」が人生を楽しめているかどうかが大切なのです。


自分たちが今を大切にしているぶん、やはり「いま」を頑張って生きている男性にこそ魅力を感じます。


また、自然体であることを好みます。
本当の「いい男」は、高価なスーツや腕時計がなくても、内面がその人の「雰囲気」として滲み出てくることを彼女たちは知っています。


自分たちもそうでありたいと願っているからです。


そして、当然のことながら、学歴や社会的立場だけで偉そうにしている男は大嫌いです。

ハイスペック女子が思う「バカ」な男

彼女たちにとって、「頭が悪い」「バカ」な男とは、お勉強ができるできない、ではありません。


彼女たちが嫌う「バカ」は、このような人たちです。


・おめでたい男(自分を分かっていない、自意識過剰)
・コンプレックスだらけの男
・立場によってコロコロ手のひらを返す男
・何かと人を見下す男
・自分の頭で判断できない男
・理屈っぽい、頭の固い男


ハイスペック女子は、かなり現実的に、自分で自分を理解しています。
男性社会に放り込まれても毅然と振る舞えるのは、このような特徴があるからです。


当然、相手にもそれを求めます。
欠点や弱さがあるのが悪いことではなく、自分でそれを自覚しているかどうかが重要なのです。


また、他人と比較することでしか自分の立ち位置を認識できない男性を嫌います。
「自分」をしっかり持っている男性でなければ、魅力を感じません。


優柔不断な男性も、かなりの確率でハイスペック女子をイライラさせます。
彼女たちは自分で考え、自分で道を切り開いてきています。


ですから、決断力のない男性は「情けない」以外の何物でもありません。


そして、「頭が悪い」のではなく「頭を使わない」「自分で考えず、すぐに迎合する」男性が嫌われます。
「ちょっとくらい自分で考えたら?」と感じると、かなりの確率でイライラします。


ちょっと前までよく使われていたネットスラング「ggrks(ググれカス)」。
これも大嫌いです。


逆に、自分と違う答えを持っていても、そこはあまり気にしません。
むしろ「そういう風に考える人もいるのか、面白いなあ」と感じていることが多いでしょう。

ハイスペック女子が惚れる男①ずば抜けた何かを持っている

では、ハイスペック女子が惚れてしまう男性のパターンを、いくつか紹介していきましょう。


まず、「ずば抜けた何か」です。


ただ、スタイルが良い、5か国語を喋ることができる、4桁の暗算ができる、といったことではありません。


彼女たちが好感を持つのは「情熱を持って真摯に打ち込み、その結果手に入れたもの」です。


場合によっては相手を支えることに専念したくなり、結婚するとあっさりと自分の仕事をやめてしまうこともあります。


必要になればまた仕事をすることも、彼女たちなら可能だという理由もありますが…
(私の周辺では、女医さんだった友人や、大学院まで出た大手どころの研究者など…あっさり辞めました)

ハイスペック女子が惚れる男②対等でいられる

これは、絶対条件と言っていいでしょう。


自分の価値観を押し付けられたり、細かく指示されたりすることが大嫌いです。


「押し付けるんじゃねーよ」「あんた、そんなに偉いわけ?」「そんなに言うなら自分でやれば?」など、頭の中には結構キツい言葉が浮かんでいるはずです。


彼女たちは、「補い合う」ことを好みます。


それがお互いの違いを埋めるもっとも合理的なやり方ですし、小さなことを言い争っている時間や労力がもったいないからです。


そして、好奇心や向上心が高いので、違いを認めて相手から何かを学べる時間を大切にしたいのです。
知識そのものであったり、物事への取り組み方であったり、自分にはない才能や能力を見つけると、引き込まれてしまいます。


もちろん、相手に細かい注文をつけることも嫌いで、指示待ち男となると論外です。
いちいち「ここまで言ってやらないとわかんないわけ?」となると、嫌気がさしてしまいます。


どこかで、お互いを「尊敬し、歩み寄る」ことが重要なのです。


友人感覚が強い関係も、心地よく感じる条件のひとつです。

ハイスペック女子が惚れる男③ひとりの人間としての包容力

ハイスペック女子も、人の子です。


学歴や社会的立場で自分の価値を判断されることが一番嫌いです。
プライベートの時間くらいは、「ひとりの人間」として過ごしたいのは当然のことです。


また、彼女たちは、仕事以外にも「好きなこと」をしっかりと持っています。
自分の「個性」の部分を認めてくれる男性でないと、長続きしません。


それは当然、ダメなところも含めてです。
ダメなところを「可愛い」と面白がってくれ、そのままにしてもらえることに心地よさを感じます。


自分に学歴やキャリア、外見がなくても自分のことを大切にしてくれるか?
時には頭を撫でて欲しいのです。もちろん、尊敬できる相手から出ないとムカつきますが。


とても重要なポイントです。


また、「高嶺の花」「相手にされなさそう…」と思われていることは、彼女たちはある程度承知しています。


しかし、そんなことを言う男性のことを、


「そんな程度のことで偏見を持つなんて、小さい男だな」


と思っていますから、一般的に言われるようなイメージを気にしている段階で、相手にはされないでしょう。

こんなハイスペック女子にはご注意を

もちろん、勘違いハイスペック女子も存在します。

彼女たちの傾向は明らかです。


・デートは高級店じゃないと嫌
・ヒステリックになる
・同性から嫌われている
・失敗談より自慢話が多い
・極度のフェミニズム
・男性を見下している
・この世はカネ、だと思っている


ハイスペックを打ち消して余りある、人間としての器量の狭さです。
貴方がドMであれば、たまらないパートナーになるでしょうが。

まとめ

いかがでしたか?


こうやって見てくると、何もハイスペックと言われる女性と変わらない部分も多いのではないかと思います。

「女に生まれただけではただのメス。知性と教養を磨いて本当の大人の女性になる」。

これは、美輪明宏さんの名言だそうです。


どこかしら奥ゆかしさを感じさせるようなハイスペック女子は、きっとこの部分をしっかりと持っているのでしょう。


奥に潜んだ知性を「色気」と感じてしまったら、貴方はもうハイスペック女子の虜。


まずは、身近な存在として構えずに接してみてください。


案外気さくですし、「男女の友情は成立する」という考え方の持ち主ですので、男女関係でなくとも、良き友人として刺激を受けることもできるでしょう。


焼き鳥屋で焼酎でも飲みながら。


<うさぎ66号>
アラフォーWebライター。大学卒業後、東京の一部上場企業に就職、それなりに勤めたのち退社。学生時代は主に夜の世界を学び、数多くのサラリーマン観察を経験。学校では「動物行動学」を専攻としていたため、人間の行動のなかに野生の本能を探す癖がある。

(Photo:David Stewart


『不二夫のフレグラン』


ーーーにおいで遠ざかり、匂いが近づけた。一組の家族の物語。


【あらすじ】
気がついたら、離れていた。とある家族の物語。
今日は妻と映画を観よう。急いで帰宅した矢先に、妻とママ友の立ち話を耳にする不二夫。 「うちの夫も最近加齢臭が……」
ショックを受け一人ソファで寝ていると、追い打ちをかけるように娘が家出してしまう。
不二夫は娘を見つけ出し、家族との距離を縮めることができるだろうか……

第1話~7話 絶賛公開中!
第8話 7月26日(金)公開!




特設サイト
不二夫のフレグラン
気がついたら、離れていた。とある家族の物語。今日は妻と映画を観よう。急いで帰宅した矢先に、妻とママ友の立ち話を耳にする不二夫。「うちの夫も最近加齢臭が……」ショックを受け一人ソファで寝ていると、追い打ちをかけるように娘が家出してしまう。不二夫は娘を見つけ出し、家族との距離を縮めることができるだろうか……




Translate »