本を万引きしてホテル生活する男の生き方

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

悪い環境から逃げることは悪いことではありません。
自分らしい生き方を求めて、ブラック企業や抑圧された環境から離れるのは良いことです。


それは現代の社会の風潮といえるでしょう。
退職代行を使ったキャリアアップなど、上手にその場所から逃げるやり方は、今後さらに注目されていくと思われます。


ただし、その逃げ方にもスタンスが必要なのだと感じました。
33歳の家出した男が、万引きで捕まった裁判を傍聴したときです。


逃げ方は、生き方に通じます。
ただ逃げるだけではダメなんです。
そんなダメな生き方をしてきた33歳の逃亡記です。

家出を繰り返す33歳の生き方

身柄を拘束されている被告は、腰縄と手錠を付けて法廷に入ってきました。
33歳の男性。体は細身で、顔はイケメン。
彼がやった罪は「窃盗」つまり万引きでした。


家出して万引きを繰り返し、宿泊場所はホテルという被告です。
コンビニで漫画を万引きし、それを売って生活費を稼ごうとします。
もちろん、それだけでは続かなかったでしょう。


ですが、被告にはこの生き方しかできなかったのです。
彼の人生と生き方は、カッコいいものではありません。逃げの連続でした。
仕事は無職、たまに短期の仕事をやるぐらいで、長続きするものはありません。


被告に唯一できたこと。
それが万引きです。万引きで逮捕されるのは4回目でした。
そんな収入では満足に生活できず「節約しても無くなっていく」と被告は言いました。


ニート状態で、母親との2人暮らしでした。
しかしそのような環境に耐えきれず「1人暮らししたい!」という希望を持ち、家出してしまいます。


33歳の男が家出というのも奇妙な感覚です。
ですが、自然な葛藤なのではないでしょうか。
いつまでもニートでるのは男としてのプライドが立たない、辛い環境です。
母親にいつまでも頼ってはいけません。


家出した被告は大きな街まで行き、そこで仕事を探そうとします。
しかし見つかりませんでした。
お金は1万円ほどしかありません。そして犯行におよびます。


コンビニから漫画を大量に万引きし、転売します。
そのお金でホテルに宿泊、翌日、また翌日と繰り返します。
判明しているのは19回ほど、期間にして約1か月。
判明しただけで612点、金額にすると13万2712円に及ぶ万引き生活でした。


月収13万円で毎日ホテルに泊まるのはちょっと厳しいかと思われます。
ですので、おそらく証明できなかった余罪が大量にあるとおもわれます。


転売価格13万円以上の漫画を万引きするのは、相当な量だったでしょう。
普通に働いた方が稼げるのではないでしょうか。
ですが、被告にできたのは万引きだけ。鮮やかな手口だったと思われます。


「売れそうな本を盗んだ」という被告の選ぶのは、誰もが聞いたことのある有名な作品ばかりです。
それらをせっせと万引きし、古本屋に転売した被告。
1か月に及ぶ万引き生活は、とあるコンビニ店長に見つかったことから終了しました。

正式裁判になった店長の言葉

万引きは悪質なものに限り正式裁判になります。
そうでなければ簡易裁判所で裁かれる罪です。
今回地方裁判所で正式裁判になったのは、被害者であるコンビニ店長の被害感情からです。


最後の万引き、つまり被告が捕まった万引きもコンビニでした。
会計せずに外に出て、店長に呼び止められます。
警察に捕まり、罪を認めました。


ここで被害弁償をし、謝罪をすれば正式裁判まで行くことはまずありません。
ですが、被告は前科3犯、そして何よりインパクトがあったのが店長の心情です。
それが法廷で語られました。


姿は見えませんが、検察が朗読する被害者感情。
その手紙が最高にカッコよかったです。


「簡単に人の物を盗む根性が許せない」


根性、それこそが被告に足りなくて必要だったものだと思います。
そして、必死にコンビニの経営をする店長にとって、被告の生き方は許せなかったでしょう。


弁護人の質問で、被告の現在と今後の展望が聞かれます。
被告は逮捕拘留されていて、今は留置所から拘置所に移され「毎日が辛い」と言います。


「これまでの人生もったいなかった、母に申し訳ない。今後は行政の力を借りて、普通の生活を立て直したいです」と被告は言いました。


行政の力を借りるとは、生活保護などを意味しているのでしょう。
それは被告にとって社会復帰に必要な制度かもしれません。


ですがもっと必要なのは、被害者の店長が言った根性じゃないかと思います。
そう思ったのは、続けて行われた検察によるネチネチとした質問から。
それは33歳にして成人式を行っているようにも見えました。

生き方がわからくなり母親に見放される男

被告人と2人暮らしだったという母親の姿は法廷にありません。
「もう面倒は見られない」と縁を切られてしまったのです。


監督者がいない独りぼっちの被告に検察がネチネチと質問を続けます。
そこに、被告の社会復帰への道があるように思えました。


検察「どうして家出したの?」

被告「仕事を見つけるため、でも見つけられなかった」

検察「何で仕事を見つけられなかったの?」

被告「選んでいたからです」

検察「どうして選んでいたの?」

被告「今後の人生で長い時間をかけるからです」

検察「万引きするぐらいなら、家に戻れば?」

被告「戻れなかったです」


ここから被害額と万引きした期間を検察が読み上げます。
そしてさらに攻撃は続きました。


検察「お母さんが『もう面倒見切れない』ってさ、お金困ったらどうするの?」

被告「・・・」

検察「また万引きするんじゃない?」


ここで弁護士が立ち上がり「異議あり、繰り返しです」と言います。


検察「繰り返しじゃないですよ」

裁判官「検察官は続けてください


ネチネチ攻撃は続きました。

検察「仕事見つからないで、すべてダメだったらどうするの?」

被告「頭を下げ続けて・・」

検察「仕事は?どうするの?」

被告「職種も選ばず、住み込みとか、生活安定、それまで仕事を選びません」


強い決意のように聞こえました。
少なくとも、弁護士との質問の時に言った「行政のお世話になり・・・」という甘い考えとは違います。
最後に裁判官から質問がありました。


裁判官「11月に捕まっているよね。今回、また4月にやったのはなぜ?」

被告「考えが甘かったです」


この言葉を引き出すための、ネチネチ攻撃だったように見えました。
社会に迷惑をかけない大人になるための成人式が、この言葉によって終わったようです。


被告は辛いことがあればすぐ逃げ出してしまう、そして生活のために万引きを繰り返してしまいます。
そんな被告の為に行われた法廷の成人式。
ただ罰を与えるだけでは、きっと被告はいつまでも、成人しないのです。


母親から見捨てられ、嫌でも自分の力で生きていかなければいけません。
でも、それが必要なはずです。


いつまでも頼れる人がいては、自分の甘い考えに気付けず、自立しないのです。
エサを与え続ける親鳥がいないように、被告は母親から離れなければならないのでしょう。

まとめ:精神論だって必要な場合がある

ブラック企業や鬱、これらの社会問題から、逃げることは悪ではないと思います。
ですが、古臭い精神論もやはり必要な場合があります。


被告には気合いと根性で職場に根を張り、太い人生を築く生き方、つまり根性が必要なのだと思いました。
とにかく店長の言葉である「根性が許せない」が印象的です。


1人前の男になるには、気合いと根性で生活を作っていかねばなりません。
被告はそれを教えてくれる人に出会わなかったのではないでしょうか。


草食系といわれ、男性的な父親像は、過去のものになっています。
気合いや根性を説く人は、陰で笑われてしまうのかもしれません。
女の子にもモテないでしょう。


スマートに、そして上手に社会を生きていく。
そんな男性がもてはやされています。


ですが、それが出来るのは強い精神力を持っている人だけ。
強い精神力が無い人には、やはり誰かから鍛えられる必要があるんです。


この裁判を傍聴して、自分を鍛えてくれた人たちを思い出しました。
あの時は憎かったけど、今となっては感謝しかありません。

【お知らせ】

この記事が気に入ったら、Twitterアカウントをフォローしませんか?
 「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。

Twitterアカウント▶https://twitter.com/LB_Media_
LIFE BOOSTER(「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。モテる(生き方)、恋愛、出世、ファッション、趣味・遊びについて発信。)


野澤 知克
プロフィール:自営業(飲食店)を営みながら、ふとしたきっかけで裁判傍聴にハマった傍聴ライター。現在は専業ライターとして、裁判所に通う毎日。事件を通して人間の「生き方」と向き合ってます。

Photo by Allef Vinicius on Unsplash

Translate »