風俗嬢は本当に儲かる?いくら稼げる?嬢が自前で用意する悲しいお金の現実とは

Pocket

「風俗嬢は稼げていいなぁ…」

「体ひとつであっという間に何十万も稼げるんでしょ」

時折殿方から漏らされる、こんな呟き。現役風俗嬢として見て見ぬフリはできません!!

 

実は、風俗嬢をやるにも地味〜にお金がかかります。

プレイ中に使う道具、接客や集客に必要なアイテム、リピートしてもらうための工夫…

それ、実は女の子の”自前”だって、ご存知でしたか?

 

今回は、多くの風俗嬢が自前で用意している”風俗嬢のマストハブアイテム”を一挙ご紹介いたします!

 

うがい薬、グリンス

風俗店でプレイ前にシャワーを浴びると、グリンスで隠部を洗われ、イソジンでうがいをするのが定番です。

感染症対策として、うがい薬や「グリンス」と呼ばれる消毒用ソープは欠かせません!

 

このうがい薬やグリンスは、風俗嬢が自分で用意している場合があります。

ヘルス店ではお店から支給されることが多いものの、お店によっては女の子の自前となります。

私が在籍していた某大手グループのソープ店では、うがい薬もグリンスも自分で用意しなくてはなりませんでした。

殺菌効果の高いものや体に合うものにこだわって、女の子が自分で選んでいることもあります。

 

風俗店で働く以上、自分の身を守るために、うがい薬とグリンスはまさに”マストハブ”!

お店から支給されないなら、自分で用意しないわけにはいきません。

 

ボディソープ

お店やホテルに備え付けのボディーソープはありますが、多くの女の子が自分に合ったボディソープを選び、自前で用意しています。

 

風俗嬢は、1日に何回も何回も何回もシャワーを浴びなくてはなりません。

1回の接客で最低2回も体を洗えば、肌は当然かなりのダメージを食らいます。

低刺激のものや保湿成分が含まれているボディソープは、風俗嬢の必携アイテムなのです!

 

また、ホテルやお店の備え付けボディソープは、香りが強いタイプが多いのです。

いろいろなご事情で香りを残したくないお客様もいらっしゃるので、私は無香料・低刺激のボディソープを選んでいました。

 

コンドーム

オプションなどでおもちゃを使う場合や、お客様が真性包茎の場合、性病の疑いがある場合…

風俗店での接客は、衛生対策としてコンドームが必要なことも多々あります。

 

お店で用意してくれたり、ホテルに置いてあるものを使用することもありますが、なければ女の子の自前です。

私の今までの在籍店では、ヘルス店の半分くらいはお店側が用意してくれました。

 

ウェットトラスト

ウェットトラスト、通称「ウエトラ」とは、膣内に入れるタイプのローションのこと。

濡れているように見せるため、また膣内が傷つくことを防ぐため、多くの風俗嬢が仕込んでいます。

(自分のテクで濡れてる!って思っていた方、すみません。それはおそらく仕込みです…)

 

私の過去の在籍店では、ウエトラをお店側で用意してくれたのは1店舗だけ。基本的に自前でした。。

その他にも、膣内を洗浄する「セぺ」や、膣内の環境を整える「インクリア」なども、自分で用意して活用している女の子が多いのです。

 

衣装

お店に制服がある場合を除き、風俗嬢の衣装は基本的に自前です。

お店から借りられる場合もありますが、サイズやデザインが合っていないと、ビジュアル面で大きなマイナスとなってしまいますからね…

 

店舗型のお店では、

・ ドレス、ワンピース(ソープ店に多い)

・ キャミソール(ヘルス店に多い)

など、お店によって大体の衣装が決まっています。

 

普段着るものではないので、お店用に自分で用意しなくてはなりません。

何着か必要ですし、季節や流行に合わせて都度新しいものを買う必要もあり、地味に痛い出費となります…

 

下着

当たり前ですが、接客時に着ている下着も自前です。

お店が接客用の下着を用意しているなんて話は、さすがに今のところ聞いたことがありません…笑

 

そして男性の下着と違い、女性の下着は値段がとても高いのです。そもそも上下必要ですからね。

高級ブランドの大きいサイズなんて、ブラジャーだけで1万円を超えるんです。

それを乱暴にひっぺがしプレイされると、「おいオッサン!これいくらだと思ってるんだよ!」と口をついたこともあります(怒)

 

名刺

風俗店では、帰り際にメッセージ付きの名刺を手渡された経験がある方も多いはず。

お店のカードであればお店支給のものですが、こだわり派の女の子は自分で名刺を用意しています。

 

自分で作ったり業者に頼んだりして、写真や連絡先の載った名刺を用意している女の子も少なからずいるようです。

私自身、お店側から自分の名刺の作成を勧められたこともあります!面倒だったので結局作りませんでしたが…笑

 

パネル写真

お店が用意したスタジオで撮影したり、お店で撮影することもあるパネル写真。

集客や客層を大きく左右する、とっっっても重要な存在です。

 

撮影料をお店が負担してくれることも、お店のスタジオで撮影することも多いのですが、高級店など一部のお店ではスタジオ撮影費が女の子の自腹となっています。

初回の撮影は無料・撮り直しは自腹、というパターンもあるようです。

 

また、パネル写真用の衣装や下着、美容院などでヘアメイクを頼む場合も女の子の自腹が基本です。

こだわりのある女の子は、スタジオ選びからとことん自分が一番「盛れる」写真を追求しているのだそう!

 

おもちゃ、コスプレ

プレイに使うおもちゃやコスプレは、女の子が自腹で用意している場合もあります。

お店が用意しているものが合わなければ、自分で用意するしかありません。

私は「他の女の子が使ったものを使いたくない」と思い、自前のおもちゃを用意していました。

 

女の子が自分で衣装を用意し、コスプレイベントなどを企画することも少なくないようです。

私はコスプレ好きなので、「3の付く日は三角ビキニの日!」などの自主企画を楽しんでいました(笑)

 

お客様へのプレゼント

バレンタインやクリスマスシーズンに風俗店で遊んで、女の子からプチギフトをもらったことのある方は多いはず。

指名の多いリピーターさんの誕生日に、女の子からプレゼントを贈ることもあります。

 

接客後に汗拭きシートやのど飴、今の時期ならマスクなど、簡単なお礼を用意している女の子も一定数いるようです。私のことなのですが。

このようなお客様へのプレゼントは、基本的に風俗嬢の自腹です。

 

そういえば、バレンタイン企画を行うお店に在籍していた時に、お客様へのチョコレート代が支給されたことが一度だけありました…!

正直かなりありがたかったので、多くのお店にぜひ採用して欲しいシステムです(笑)

 

雑費、在籍費

お客様がお支払いになった総額から、店落ち(お店の取り分)以外に「雑費」や「タオル代」が引かれた分が手取りとなります。「引かれもの」と呼ばれる経費です。

 

雑費の額は接客本数に応じて変わったり、お店やグレードによってさまざまですが、大体1接客あたり1,000〜3,000円程度が引かれます。

雑費やタオル代の他に「ホームページ掲載費」「在籍費」など、不可解な費用がかかるお店もあるのだとか…

 

雑費やタオル代は“女の子が自分で払う”という訳ではありませんが、結局手取りから引かれるので、結果的には何故か自腹を切らされている感が拭えません。。

 

性病検査・治療費

風俗嬢が避けて通れないのが、定期的な性病検査。

自分のためにもお客様のためにも当然受けるべきであり、月イチの結果を提出しないと出勤させてもらえないお店もあります。

 

自費での検査となるため、郵送の簡易キットなら1万円弱、病院での検査なら1万5千円〜2万円程度が毎月消えていきます。

もちろん、怪しい症状があった場合の通院費や治療費も自腹です。

 

私はお店内で病気が回るのが怖いので、月イチ検査が義務付けられているお店でしか働きたくありません。

決して安くはないけれど、健康や安心はお金よりも大切ですからね!

 

風俗嬢でいるのもタダじゃない!!

営業マンがビシッとしたスーツにピカピカの革靴を纏うように。

エンジニアが最新のガジェットを揃えるように。

作家が山のような蔵書を抱えるように。

 

私たち風俗嬢もたくさんの”必要経費”を払って在籍しています。

たくさん稼ごうがそこまで稼げなかろうが、ただ風俗嬢でいるだけでもお金がかかるのです。

まして、風俗嬢の大切なスペックである”見た目”にまで容赦無く課金し始めたら…3桁万円なんてあっという間です(笑)

 

さて、”必要経費”であることを裏返せば、これらの必携アイテムは風俗嬢への差し入れにぴったりであること、お気づきになりましたか?

・ 接客時に使っているボディーソープ

・ 女の子が好きなブランドの下着

・ 撮影スタジオのチケット

・ お店の近くのエステの回数券

なんかは、いただけたら素で助かるものばかりです。当然未使用・未開封であることが大前提ですので御留意を。

オキニさんへの差し入れには、ぜひ”自前率高めの必携アイテム”を検討してみてくださいね!

 


 

【著者】奥野 蘭

人生をかけて楽しい性生活と素敵な男女関係を追求すべく、エステ・ヘルス・ソープなど各種風俗店、ハプニングバー、出会い系…などなど、思いつく限りのナイトライフを堪能している人妻です。


【ライフブースターからのお知らせ】
コロナ禍だからこそ!!素敵な女子とのプライベート飲みはいかが?

「最短30分で刺激的な出会いを叶える」マリオンから、ライフブースター読者だけの特典をいただきました!

▼ ▼ ▼

ただいま、こちらのサイトから予約された方だけに、嬉しい特典

なんと!!

『全プラン。1時間無料!!』(最大12,600円OFF)
こちらのサイトからご予約ください。↓

https://mullion.jp/mens/index.html
ご予約時に、1時間無料クーポンコード【GE452D】を入力してください。

※クーポン適用条件:お一人様一度限り。最低ご利用時間2時間から

Pocket