良い男は女に自信をもたせ、悪い男は女から自信を奪っていく

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

「悪い男」というと、どんな人をイメージしますか?
血走った目をしてナイフを持っている男? それとも、結婚詐欺を繰り返すエセ紳士?


答えは人によってちがいますが、恋愛する相手としての「良い男」と「悪い男」の区別をするのなら、それは「女性に自信を与えられるかどうか」だと思います。

恋愛話中、いつも幸せそうな人と不幸そうな人はどこがちがう?

ガールズトーク……なんてかわいらしいものではありませんが、女が数人そろったら、やっぱり恋愛の話になりがちです。


もうアラサーなので、ピチピチの恋バナというよりは、「結婚するかどうか」「旦那との家事分担はどうすべきか」なんて話題が多いんですけどね。


そこで思うのは、聞いていて「幸せそうな人」と「不幸そうな人」がいるということ。


これは、恋人や夫とうまくいっているかどうかで決まるわけではありません。


恋人とうまくいってなくとも解決に向けて前向きに動いている人もいれば、恋人とうまくいっているのになんだか不安そうな人もいますから。


ではこのちがいがどこからやってくるのかというと、「自分が愛されていると自信をもっているかどうか」だと思うんですね。


自分が大事にされていると考えていれば、自己肯定感が高くなり、自信をもつことができます。
だから、うまくいっていなくとも、決して「自分なんて」とはならない。


一方で、関係性自体はうまくいっていても、自分に自信をもてなければ「なんだかダメな気がする」といつも悩んでいます。


そしてこの自信の有無は、元来の性格もありますが、恋人の言動の影響を大きく受けるのです。

「自分なんて」と言う人は、恋人に自信を奪われている

あなたのまわりにもいませんか? なにかにつけ「わたしなんて」「わたしが悪いから」と言う人。


恋人との問題を聞き、こっちは「彼が悪いでしょ」と言う。
彼女もそれはわかっているのに、「でもわたしもダメなところがあるから」「わたしがもう少しこうしていれば」「わたしが我慢すべき」というように、「全部自分が悪い」と言うんです。


こっちがどんな提案をしても励ましても、「でも」「だって」と言って、どんどん落ち込んでいく。


いますよね、そういう人。


「でも」「だって」と自分を責める人は、自信がないのです。
自分が恋人や配偶者から愛され、大切にされているという自信が。


そういう人の話を聞いていると、男性側が「お前が悪い」「お前のせいで俺が嫌な気持ちになっている」「お前が変わればいい」「お前がこうだったらこんなことにはならない」と、きつい言葉でダメだししていることがほとんどです。


そのせいで、ぞんざいに扱われるのは自分が悪い、自分なんてその程度の価値しかないんだ、と思ってしまう。


そして、相手の機嫌を損ねないよう、相手に気に入られるように相手の顔をうかがうことで、さらに自信をうしなっていく。負のスパイラルです。


だから、なにかにつけ「自分なんて」と言うんです。

好きな人から褒められれば女性はキレイになっていく

では、逆の場合はどうか。


惚気になってしまい恐縮なのですが、わたしの夫は、愛情を言葉にしてくれるタイプなんですね。
毎日毎日、何回も「かわいい」と言ってくれます。


実際の自分の顔面偏差値は別として、「わたしをかわいいと思ってくれている人がいる」と思うと、自分の顔を好きになれるんです。


よく、「奥さんを褒めるとキレイになる」なんて言う人がいますが、あながちまちがいじゃありません。


好きな人が自分をキレイだと言ってくれている。だったらもっと自分を磨こう。もっと好きになってもらおう。そうやって自信がついて、堂々とすることができ、キレイになっていくのです。


これは、仕事でも同じですよね。
上司が褒め上手であれば「自分はできるんだ!」と思えるし、モラハラ&パワハラ気質であれば「自分なんてダメなんだ」と思う。


自信がある人は臆せずに新しい提案をして意欲的に仕事に取り組みますし、自信がない人は自分のちからをうまく発揮できなくなってしまいます。


部下に自信をもたせることができる上司が「やり手」といわれるように、相手に自信をもたせることができのが「良い男」だし、その逆で自信を奪うのであれば「悪い男」。
わたしはそう思います。

「自分は愛されている」と実感させてあげられますか?

じゃあ、どうすれば女性に自信をもたせる「良い男」になれるのか?


答えは、ちゃんと褒めて、愛情を伝えること。


こう書くと、「男にちやほやされたいのか」と思われるかもしれません。
なに言ってるんですか、ちやほやされたいに決まってますよ。好きな人からは。


老若男女問わず、好きな人から褒められたらうれしいんです。
もっと褒めてもらいたい、認めてもらいたいから、がんばれるんです。


お出かけのとき、相手がいつもよりおしゃれしていたら褒めましょう。料理がおいしければ褒めましょう。笑顔がかわいかったらそれを伝えましょう。
それだけで、自信につながっていきます。


とはいえ、なんでもかんでも褒めて甘やかせ、というわけではありません。
大事なのは、「愛されている」と思ってもらえるように、言葉で伝えること。


週末出かけるとき、「この前行きたいって言っていたところに行こう」と提案するような、小さなことでもいいんです。
「どこでもいい」ではなく、「君が喜ぶところに行きたい」という意思を示しさえすれば。


記念日、ちょっといいレストランでディナーでもして、「いままでありがとう、これからもよろしく」と言うだけで、「自分は愛されている」と実感できます。


そんな小さなことから、「愛情」を「自信」につなげることができるんですよ。

相手の自信を奪うダメ出しはモラハラになることも

また、「お前に原因がある」と相手を必要以上に責め立てないことも大事です。


きつい口調で「お前が悪い」「お前がそうしたから俺が怒ってるんだ」「お前がもっと努力すれば」と責め続けるのは、決してやってはいけないことです。


もちろんこれは恋愛にかぎったことではありませんが、恋人や妻相手だと、存在が身近すぎてついつい言い過ぎてしまうこともありますよね。


でもその回数が多く、しかも「全部お前が悪い」という言い方だと、相手はどんどん自信を失ってしまいます。


「こういうところをこうしてほしい」とお互いのためにする提案と、自分のイライラをぶつけて「お前がダメなんだ」と否定するのは、話が別です。


話し合いやケンカの際、相手のせいにして責め立てるのではなく、「お互いが幸せになるためにどうすべきか」という前向きな会話にしていくことで、相手の自尊心を傷つけずにすみます。

「愛情」は「自信」につながる

相手に「自分は愛されているという自信をもたせられるかどうか」は、いわば「恋人や妻を幸せにできるかどうか」でもあります。


あなたは、相手を否定して自信を奪う「悪い男」になっていませんか? 彼女や妻がよく「わたしなんて」と言ってはいませんか?


大切な人から大切にしてもらうだけで、人は自信をもつことができます。
「良い男」というのは、そうやって、相手に自信を与えられる人のことをいうのでしょう。


もちろん、それは女性から男性に対しても同じですから、わたしも相手に自信をもってもらえるような「良い女」でありたいと思っています。


プロフィール:雨宮 紫苑(あまみや しおん)
91年生まれ、ドイツ在住フリーライター。Yahoo!ニュースや東洋経済オンライン、ハフィントンポストなどに寄稿。ブログ「雨宮の迷走ニュース」運営。著書「日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち」(新潮新書)

<Photo:Jeremy Cai>


この記事が気に入ったら、Twitterアカウントをフォローしませんか?
 「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。

Twitterアカウント▶https://twitter.com/LB_Media_
LIFE BOOSTER(「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。モテる(生き方)、恋愛、出世、ファッション、趣味・遊びについて発信。)

Translate »