「仕事で疲れてるから家でゆっくりしたい」発言は、なぜ女を怒らせるのか

恋愛
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

はいきました、わたしが嫌いな言葉。
「俺は仕事で疲れてるんだから、家ではゆっくりさせてほしい」。


これは、さっき見ていたドラマで放たれた言葉です。まぁありがちですよね。
ええ、ありがちです。


夫のこの発言に対して女側がなにか言うと、こちらは「夫の仕事に理解のない女」になってしまいます。口うるさい、夫にストレスを与える「悪い妻」だと。


でも、本当にそうでしょうか?
この言葉にイラッとする女は、夫の仕事を理解せずワガママを言っているだけなのでしょうか?

「家ではゆっくりしたい」=「女は男の機嫌をとれ」?

「俺は仕事で疲れてるんだから、家ではゆっくりしたいんだよ」
「俺は仕事をしてきたんだ、そっとしておいてくれ」


彼女や妻に対し、こんなことを言ったことがある男性は多いのではないでしょうか。


わたしのまわりにも、こういう話はいくらでもあります。
わたし自身、なにかを話し合いたくても、夫に「今日は仕事で疲れてるから」と言われることがありました。


「共働き時代」なんて言われてはいますが、結局は女性が多くの家事を担い、男性が家計の大黒柱であることが前提となっているのが現実です。
収入の多寡にかかわらず、男性の方が労働時間が長い、体力的にキツイ、ということも多いでしょう。


「男は外で働く」という認識がいまだに根付いているぶん、「家庭には癒しを求めたい」という男性側の気持ちもわかります。


専業主婦が当たり前だった時代では、外で働く男性を支えるのは女の仕事でしたしね。「内助の功」というやつ。


でもそれって、「女はいつもニコニコして男の機嫌をとれってこと?」とも思うんです。


いや、仕事で疲れてるのはわかる。でもこっちにはこっちの事情があるわけで。
じゃあいつなら疲れてないの? 平日は仕事で忙しくて、休日は休みたいんでしょ? じゃあわたしたちの問題はいつ話すの? 仕事と家庭内の話はまったく別じゃない?


わたしは正直、こう思っちゃうんですよね。

自分にだけ都合のいい家庭生活を期待されても……

ちょっと喧嘩腰になってしまってすみません。


ただ、仕事で疲れていることと、恋人間や夫婦間で話し合うべきことがあるのは、まったくちがう話ですよね。


あなたが仕事で疲れているから、わたしはご近所トラブルや義両親からの嫌味に耐えなきゃいけないの?
子どもが落ち込んでるのに話を聞いてあげないの?
仕事は大事なのに、家庭は大事じゃないの?


これはあくまでいま思いついた例にすぎませんが、こう考える女性も多いのではないでしょうか。


あまりにもそういう態度を取り続けると、それは「お前との関係性改善や家庭を円満にするために努力をするつもりはなく、仕事で疲れた俺を癒してくれる都合のいい存在を求めている」という宣言になってしまいます。


たとえそんな気はなくとも、言っていることはそういうことなんです。


そう言われて、「そっかぁ疲れてるのかぁ。じゃあわたしが全部我慢して癒してあげるぞ!」なんていう人、どれだけいるんでしょう。


「仕事を理解しろ」と求めるのに、こっちの事情は理解しようとしてくれない。
それじゃ怒るのも当然です。


何度もいいますが、「家で面倒ごとは勘弁してくれ」という気持ちもわかります。
だれだって、疲れているときやゆっくりしたいときはありますからね。


でもそれは共働きであれば女性だって同じですし、「あーうるせーな」といつも対話を拒否されたら、だれだってムッとします。

仕事が忙しくとも、少しはわたしのことも考えてほしい

こんなことを書くと、「毎日仕事で疲れてるっていうのに、そのうえさらに話し合わなきゃいけないのか?」「こっちの都合に関係なく家庭内の面倒ごとに対処しなきゃいけないのか?」と思うかもしれません。


わたしはなにも、「どんなに疲れていてもこっちの話を聞け」とまでは思っていません。
むしろ、そんなワガママな女性なんて少数派でしょう。


まぁワガママな人もいるかもしれませんが、それはまた別の話ですし。


「今週は仕事で忙しいから来週改めて話そう」とか、「週末に全部片付けよう」とか、なにかしら提案してもらえれば、話は変わります。こちらだって理解を示せます。


そう言えばたいていの女性は、「じゃあ少し待ってるから、改めてゆっくり話そうね。仕事お疲れ様」と言うでしょう。


でも、「話し合う気はない。俺は疲れているんだからお前は黙れ」では、こちらも納得できません。


「家ではゆっくりさせて」という発言のウラに、「仕事で疲れた俺を癒す従順で都合のいい存在でいろ」という考えが透けて見えるから、腹が立つのです。


つまり、「ちゃんとわたしのほうも見てよ」「どうでもいい感じで言わないで」というだけ。
もっと端的に言えば、「仕事だけじゃなくてわたしのことも大事にしてよ」なんです。

「仕事」を理由に対話の拒否を続ければ、いつか家庭は壊れる

「仕事を理解してくれない」という男性の嘆きは、女性側が本当に理解してない場合もありますが、「俺の仕事を理解しろ」と押し付けるばかりで相手に向き合っていないこともあると思います。


相手がなにを話し合いたいのか、なぜいまなのか、考えたことはあるでしょうか。


「なにか話したそうにしていたけど、面倒臭いから聞き流した」なんてことは続いていないでしょうか。


仕事は疲れる。だから家ではゆっくりしたい。
その気持ちはよーーーくわかります。だれだってそう思いますもんね。わかりますよ。


でも、仕事と家庭内のことは、別の話です。
仕事が忙しくて家庭を顧みず夫婦関係が壊れてしまう……なんて話、あまりにもありきたりすぎていまさら驚くことでもないでしょう。


「仕事で疲れているから家ではゆっくりさせてくれ」という発言は、まさにそれなのです。


仕事に注力していることが悪いわけではありません。
でも、仕事が忙しくとも、せめて「君と向き合う気持ちはある」という姿勢を示すのが誠意ではないでしょうか。


「仕事で疲れているから家ではゆっくりしたい」というのは思わず言ってしまいがちな言葉ですが、思いのほか相手を傷つけ、我慢させているかもしれません。


あなたが家でゆっくりするために、パートナーがしんどい思いしてストレスを感じるのでは、意味がありませんよね。やっぱりふたりともが安らげないと。


だからこそその発言は控えるべきですし、そう言うのであれば「改めて君のためにゆっくり時間をとるよ」という一言を添えるといいと思います。


「仕事ばかりで家庭を大事にしてくれなかった」と別れを告げられる前に……。

【お知らせ】

この記事が気に入ったら、Twitterアカウントをフォローしませんか?
 「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。

Twitterアカウント▶https://twitter.com/LBooster_forMen
LIFE BOOSTER(「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。モテる(生き方)、恋愛、出世、ファッション、趣味・遊びについて発信。)


プロフィール:雨宮 紫苑(あまみや しおん)
91年生まれ、ドイツ在住フリーライター。Yahoo!ニュースや東洋経済オンライン、ハフィントンポストなどに寄稿。ブログ「雨宮の迷走ニュース」運営。著書「日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち」(新潮新書)

Photo by Andre Hunter on Unsplash

Translate »