「ラブホテルを楽しむゲイ、不倫、若者カップル それぞれの令和物語」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ラブホといえば、“若者のセックスの場所”・・・は、もう昔のはなし。
いま、「大人のラブホ利用率」が高いんです。


私の友人、30-40代の女性3人に聞き取り調査(そんな大したものではない)をしたところ、ここ1年以内のラブホ利用率は、なんと100%でした。(え、私は…)


ラブホを利用する目的として、まともな回答をしたのは、新婚ホヤホヤのR。
結婚前も、お互いが実家暮らしだったため、逢瀬はラブホ(たまにシティホテル)でした。


その理由は、聞くまでもなく
「両親がいる家で、激しいセックスはNG」


当時は、「毎回2時間のためにお金かかってしかたないよー」とのろけていましたが、結婚した今も、なぜかラブホを利用しているとのこと。


その理由は、
「新居のアパートの壁が薄くて、隣人のセックスが丸聞こえ」


これは、私も最近、似た経験をしました。
先日泊まったビジネスホテルでのこと。


深夜2時過ぎ、となりの部屋から、叫び声に近いあえぎ声と、壁にぶつける体位でのプレイが、時間とともに激しさを増していきます。


翌朝早く起きなければならない私は、涙目でテレビを爆音にし、悶々としながら布団にもぐりこみました。


その点、ラブホは防音完備、照明や雰囲気もバッチリなので、誰に気を遣うこともなく、安心して行為に没頭できます。


ビジネスホテルやシティホテルは、そこまで壁が厚くないので、となりの宿泊客の安眠のためにも、激しいセックスはご遠慮ください。


もう一人の友人Lは、「だれかに顔を見られたくない」という理由でラブホを使うそう。
確かに、シティホテルは開放的なフロントスペースに、コンシェルジュが満面の笑みで待ち構えています。


デイユースとはいえ、ダブル不倫でエッチしに来てるのに
「ご入用でしたらなんなりとお申し付けください」
と言われると、恥ずかしさと後ろめたさで帰りたくなります。


ラブホならば、薄暗いフロントと客室パネルで、有人のフロントでも顔は見えません。
たしかに、人の目が気になる人は、ホテルの敷地内にさえ入ってしまえば、恐れるものはありません。
しかも、Lも相手も既婚者なので、なおさら他人の目が気になる様子でした。


不倫たるもの、場末のラブホで禁断の愛を確かめ合うのが醍醐味。
「ゴージャスさや快適さは一切求めない」と、Lは誇らしげに語っていました。


10~20代の頃、おしゃれなシティホテルで一晩過ごすことが、女にとってのステータスだと信じていました。


しかし、年を重ねた今、逆にラブホのこじんまりとしたチープ感が、アラサー以上のお姉さまたちにはウケるようです。

ラブホ経営者に聞く、最近のラブホ事情

お世話になっているG社長は、新宿界隈のラブホテル王の異名を持つ男。
コロナ禍で一時、利用者は減ったそうですが、ここへ来てまた客足が伸びてきています。


ラブホという場所は、単に男女がカラダを求めあうだけでなく、男×男、女×女、デリヘル、女子会など、利用目的は多岐にわたります。


とくに、防音やライティングが完璧なラブホは、女子会ニーズが高く、インスタ映えを狙った女子たちで人気です。


しかし、なかには悩ましい状況、いや、惨状となることがあるそう。
それは、男×男のカップルの情事の後のこと。


全員ではありませんが、ラブホへ訪れる男性カップルが愛をはぐくむ場合、合体する部分の「本来の機能」を理解する必要があります。


そう、ウケはアナルに、タチはペニスを挿入する「アナルセックス」を行うわけです。
このアナルセックスの準備として、まずは「直腸」のお掃除をします。
このお掃除が、ラブホ経営者を悶絶させるのです。


シャワー浣腸、通称「シャワ浣」。
シャワーヘッドを外し、アナルへお湯を流し込み、直腸をキレイにします。
この時点で、お風呂場がちょっとしたトイレになりますよね。



そして、シャワーヘッドを外したホースは、アナルに挿入されたわけで、これをそのまま「体を洗うシャワー」として使うワケにはいきませんよね。
つまり、カップル退室後、ホテルスタッフ総動員で大清掃を敢行することになるのです。


さらにほとんどの場合、ベッドの上も“ブラウンカラー”に染まります。
シーツの交換は毎回しますが、なんと言ってもニオイがとれないそう。
最低でも半日、ニオイがキツイと24時間は換気をし、消臭対応するそうです。
その間、お客さんを入れられないため、経営者としては悩みのタネです。


それでも、彼らは愛を確かめ合うためにラブホへ足を運びます。
「LGBTに寛容なラブホでありたいよ…」と、G社長は肩を震わせながら静かにつぶやきました。


ラブホでの不思議な現象は、雨の日や雪の日に起きます。
G社長は毎日、欠かさず天気予報をチェックし、雨だと舌打ちしながら木刀の準備をします。
なぜでしょう。


カップルたちは、雨や雪が降ると、自然と気持ちが盛り上がるのか、はたまた、自然の恵みに心和むからか、「窓を開放したがる」そうです。


え?なんで?と思いますが、なぜかそのような傾向にあるとのこと。


それで、なぜ木刀?の答えを教えてくれました。


「雨の日はさ、となりのビルの非常階段に、盗聴マニアが来るんだよ。そいつら追っ払うための木刀」


なんと、カップルたちの営みを、となりのビルの非常階段から盗み聞きする人らが集まるのです。
つまり、雨の日は窓を開けてセックスするカップルが多い、ということを、盗聴マニアたちは知っていたのです。


そういえばその昔、ものすごく雪が降る日にラブホへ行ったとき、彼がノリで
「吹雪見ながらエッチしようか」
と言ってきました。



そこのラブホの窓は全開にならず、半分だけ開いたのですが、横殴りの雪が室内に吹きすさび、速攻で閉めました笑。


大切なお客さんの愛の営みを守るため、セコムではなく、G社長が木刀を振るってホテルを守るのでした(ちょっとちらつかせるだけ)。

アラサーアラフォーのラブホ珍事件

最後に、冒頭の友人らから聞いた、ラブホでの珍事件を紹介します。


まずはダブル不倫中のLの話。


今の彼と付き合うきっかけとなった最初の夜、ラブホへ入り部屋へ向かう途中で、清掃員の女性と出くわしてしまいました。


こちらはとくに気にせず、道をゆずろうとした瞬間、清掃員の女性がその場でバッタリ倒れたのです。


「・・・・・」


明らかに、「死んだふり」をしてくれたようで、その演技に失礼のないよう、静かに横を通り過ぎて部屋へ入ったそうです。


状況が状況ゆえ、変に関わることもできず、なんとも気まずい空気が流れたことは想像に容易いでしょう。


もう一人の友人Rは、なんと、ラブホからUber Eats(ウーバーイーツ)を注文してみたそうです。


しかし、部屋まで料理を届けることはホテル側が許可せず、かつ、フロントに受け取ってもらうことも拒否され、しかたなく彼が入り口まで受け取りに行くことに。


注文したのは中華料理。
強烈なガーリック臭を放つチャーハンを抱えながらエレベーターに乗ると、タイミング悪く別のカップルと一緒になってしまいました。


気まずい沈黙とガーリック臭のダブルプレッシャーに押しつぶされながら、彼はなんとか部屋まで帰還しました。


食事を注文する際は、ホテルに備え付けのメニューでどうにかしましょう。

目的が明確な点ではラブホ>シティホテル

今回ラブホ事情を聞いた友人の3人目は、ワンナイトラブの達人です。
いい年して、なぜシティホテルではなくラブホなのか尋ねると、


「雰囲気づくりとか、回りくどいことしなくていいから、セックスすることを明確にするの」


ラブホへ入ることで、ワンナイトラブのスイッチがオンになるとのこと。
さらに、ラブホであれば“カラダ一つですべてが足りる”とも。


「コンドーム、ローション、大人のおもちゃ系、アメニティグッズ、すべてがラブホには揃ってる。シティホテルじゃ、ローターなんて置いてないでしょ笑」


なるほど、そのとおりです。
ラブホは、セックスをする場所なのだ、ということをきちんと認識しておくことが、一夜限りの関係を上手に使いこなすコツなのかもしれません。


思い返せば高校時代、年齢的にはNGなわけですが、私服の高校だった私は、部活帰りに彼と自転車でラブホへ突入していました。
それも今となっては青春ですね。


大人になったいま、またラブホもいいな、と思えてきました。
だれと行こうかな~。

【お知らせ】

この記事が気に入ったら、Twitterアカウントをフォローしませんか?
 「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。

Twitterアカウント▶https://twitter.com/LBooster_forMen
LIFE BOOSTER(「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。モテる(生き方)、恋愛、出世、ファッション、趣味・遊びについて発信。)


炭汁稲門子
学生時代は麻雀で稼ぎ、卒業後はスポーツ新聞記者として三競オートも手掛ける。
今は風俗に詳しい士業者。
その筆致とは裏腹に、内田有紀似の美人。

Photo:tara hunt

Translate »