大きいだけでもただの棒!女性が重視するアレの形と大きさとは

 

「アソコが小さくて彼女とのベッドに自信が持てない!」

「いつもセックスをきっかけに恋愛が上手くいかなくなる気がする…」

 

この記事を読んで下さっているのは、このようなお悩みを抱える男性かもしれません。

そしてそんなアソコ小さめの男子はきっと

“大きければいいってものじゃない!”

という慰めの言葉を、耳にしたことがあるでしょう。

 

それは半分真実ですが、残念ながら残りの半分は真実ではありません。

なぜそんなことが断言できるのか。

筆者が実際に、たくさんのアソコ小さめ男子と付き合ったことがあるからです。

今回はそんな私の「被害体験」から、女性の本音をお話させていただきたいと思います。

 

アソコに重要なのはサイズではなく使い方

自分のアソコが人より小さいということがわかれば、自信が持てなくなるという気持ちも理解は出来ます。

男性にとってのソレは、女性にとっての胸のようなものなのではないでしょうか。

性的魅力を存分に秘めていますが、サイズはひとそれぞれ。

そして、男性の好みもひとそれぞれです。

 

同じように、女性にとって男性器というのは大きければそれでいいというものではありません。

結論から申し上げますと、大切なのは使い方です。

 

快感を覚える角度や突き方、体位、ペースなどは全て、女性によって違います。

それをお互いのコミュニケーションの中で探り合いながら合わせていけるかどうかが最も重要です。

それこそが、セックスが上手いということなのです。

 

しかも男性器は、女性の胸と違って普段目につくことのない部分にあります。

特別大きい、あるいは特別小さいというわけでもない限り、そもそも判断できません。

だから、多少小さくても堂々としていてくれればいいのです!

 

これは私が数年前、実際に交際していた男性と初めてベッドインしたときの出来事です。

「実は、小さいんだよね…」

自信がない様子の彼に、

「そうなの?気にしないよ」

と、私は声をかけました。

 

実際に私は“ただ大きいだけ”の男性と寝たこともありますが、痛みの記憶しかありません。

唯一覚えている感情といえば、

(大きくたってその使い方ではただの棒だよ…)

と、馬鹿の一つ覚えのように腰を動かしている男を見ながら思ったことくらいです。

 

そんな経験もあったので、気にしないという思いは事実でした。

どちらかというと、そんなことよりも前戯の短さの方が気がかりでした。

しかし、彼とは初めてのベッドインということもあり、前戯の延長を催促するのは気が引けました。

早く繋がりたいという気持ちを持ってくれているならそれはそれで素敵じゃないか、と自分を納得させます。

 

(確かにちょっと小さいかな…)

 

彼を受け入れた瞬間の感想はしかし、すぐに掻き消されました。

あまりにも自分勝手そのものだったからです!

 

彼の腰の動かし方は女性に合わせるということをまるで知らない人のそれでした。

リズムも一定で、何の情緒もありません。

大きくないと自分からいうだけあって痛みこそなかったものの、快感も湧き出てはきませんでした。

 

(…しかもこの人、無言だなぁ)

 

女性の身体は、感情に左右されやすいものです。

ムードや愛情表現などによって気持ちが最高潮に盛り上がっていれば挿入などしなくても満足を得ることさえ出来るのに、と私はついつい冷静に考えていました。

外を通る人の話し声がくっきり聞こえてくるくらい、部屋の中は無音です。

 

初めてのベッドインということで大人しくしていた私ですが、

 

(このまま彼に任せておいてはいけない!)

 

と、ムード作りを担当する決意を固めました。

ただ、ここで気持ちいいなどと言ってしまっては今後に差し支えます。

これでいいと勘違いなどされては大変です。私は言葉を慎重に選んで、

「好きよ」

とか、

「嬉しいわ」

とかを、愛情たっぷりに口にしてみました。

 

彼は何と返してきたことでしょう。

「…うん、俺も」

こんなに盛り上がらないことがあるでしょうか。

家の外の物音が、またやけにはっきりと聞こえます。

 

(サイズどうこうじゃない…こいつはシンプルにセックスが下手だ!)

 

そう確信した私は、とにかく彼に付き合う気持ちで行為を終えました。

 

セックスが合わない男性なんてたくさんいます。

ましてや初めての行為からばっちり、なんてことを期待するほど子どもでもありません。

これから2人でよくしていくことが大切だと、私はこのとき何の疑いもなく思っていました。

 

アソコの小ささと器の小ささを比例させてはいけない

冷静になるならまだわかりますが、行為が終わったとき彼はあからさまに落ち込んでいました。

そんな空気に耐えられず、せめていい後戯に繋げようとまた雰囲気を作ります。

 

しかし彼は自分だけパンツを履きながら、

「やっぱり小さいから満足出来なかったんだよね」

「イかなかったんだよね、僕のが小さいから」

と呟くように言いました。

(・・・イったくせにイってない私より落ち込むってどういうこと?!)

 

小さいからではありません。シンプルに、セックスが下手なのです。

 

この発言には、流石に少し驚きました。

女性は常にオーガズムに達せられるとでも勘違いをしているのでしょうか。

 

女性の絶頂は男性のそれのように単純ではありません。

身体の調子もありますし、どうしたって緊張する初回からイケるなんて女性はそうそういないのではないでしょうか。

少なくとも、私は何度か身体を重ねないと無理です。

そして、オーガズムには勿論サイズなんて関係ありません!

 

「いや、それは…」

私が説明を試みようとすると、

「いいよいいよ、わかってるし…」

と遮られてしまいました。

 

(…卑屈か!)

 

セックスの後すぐに反省会をするなんて、とも思いましたが、やむを得ません。

あまりにも彼が小さいから、小さいからと口にするので今度は時間をかけてしてみましょうなどと提案してみます。

しかし彼は聞く耳を持たず、まともな話し合いは一切出来ませんでした。

どうやら自信のなさから、セックスをコミュニケーションではないものととらえてしまっているようです。

 

(小さいのはアソコだけにしてくれよ…)

器まで小さくなっているように見える彼に、私はため息をつきながら眠るためのベッドに入りました。

 

アソコ小さめ男子に必要なのは工夫や話し合いを怖がらない姿勢

後日、彼との2度目のベッドインは大変悲惨なものになりました。

初めてのセックスであれほど酷い雰囲気になったのです。

私は彼が何か工夫をしてくれるものと思っていました。

 

前戯に時間をかけるとか、マッサージをしてみるとか、それなりのムードを作ってみるとか、挿入以前に女性を満足させる選択肢はたくさんあります。

しかし、彼は小ささをコンプレックスにして卑屈になっていたにも関わらず、前回と全く同じ手順でのセックスを繰り返そうとしたのです!

 

(コイツ…マニュアルでも渡されているのか?)

私は絶句しました。

それくらい単調なセックスです。

私が積極的にこの状況を打開する方法を考えていると、彼はあろうことか、

「イケそう?」

と聞いてきました。

 

私は男の正気を疑いました。

こんなにムードも何もない出し入れでイケるなんてどうして考えられるのでしょうか。

聞こえていないふりで何とかその場をやり過ごそうとしてみましたが、彼はしつこく尋ねてきます。

 

「私、いつも男の人の前じゃ緊張してなかなかイけないの…セックストイとか使ってみる?」

 

あまりに何度も聞かれるので、そうまでしてイっているところを見て安心したいのかと思い、私は確実な方法を提案してみました。すると、

「…やっぱり僕のじゃだめなんだね」

と、彼はまた言い始めたのです。

私は心底うんざりしました。

 

コンプレックスを抱えながらもカバー出来るような特技も見出さない。

1度のミスを引きずりながらも改善策を講じるような向上心はない。

アソコ同様ちっぽけなプライドで女性のオーガズムに執着しながら、セックストイを使うことは拒否。

挙句の果てにネガティブ発言ばかりでは、先が思いやられます。

今後何か諍いが生じたとしても思い込みに邪魔をされるどころか、話し合いもろくに出来なさそうです。

 

(この人、仕事でも出世しないんだろうなぁ…)

本性見たり、と思った私は、この行為の後に彼と別れました。

「次の彼女にも同じ理由でフられろ!」

と心の中で吐き捨てながら…。

 

結論:アソコ小さめ男子はサイズに囚われすぎないで!

アソコ小さめ男子が学ぶべきことを、女性目線から最後にもう1度まとめます。

 

・アソコは大きくても小さくても、使い方が悪ければただの棒

・前戯に時間をかけて、女性をイかせてから挿入せよ

・卑屈で自信のない態度が最悪と心得よ

 

セックスの相性は必ずしもサイズに左右されるものではありません。

極端な話をすると、女性は挿入がなくても、指1本でも気持ちよくなれるのです。

 

セックスに自信が持てないという男性は、サイズに囚われるあまり、大切なものを見逃してはいませんでしょうか?

いつかの彼にもこの記事が届き、コミュニケーションを重視した、2人なりのセックスを模索出来るようになることを願うばかりです。

 


 

【ライフブースターからのお知らせ】



オトコの臭い対策に! 塗った瞬間、ニオイが消える「無臭化スティック」登場!

今なら、モテる男を目指す人のためのWEBマガジン「LIFEBOOSTER」読者さま限定!


【100円引きクーポン実施中】
↓続きは、Amazonで要チェック!
https://amzn.to/356xLIP


■フレグランショット無香料100円引きクーポン
プロモーションコード:LIFEBOOSTER
使用期限:~2021/1/31まで



 

【著者】千文鶴子

20代、独身。好きな男性の服装はスリーピーススーツ。

元カメラマン。