フランス人彼氏とのセックス 大きすぎて痛くて入らない問題

Pocket

いきなりですが貴方は外国人の異性とセックスしたことはありますか?

首都圏に住んでいらっしゃる方なら、チャンスが多いかもしれませんね。

私は地方出身者なので、外国人を見かけることすらほとんどない環境で育ちました。

そんなわけで、外国人とセックスするどころか、ほとんど話したこともない状態でしたが、フランス人男性と一瞬だけそういう雰囲気になったことがあります。

今回はその時のお話をしようと思います。

 

超ナンパ男との出会い

私が学生時代に住んでいたエリアは大学や専門学校が集中していました。

様々なジャンルの学生が行き来しており、新歓の時期にはちょっとしたお祭状態になるような場所です。

 

このエリアには日本語学校も集中しているので、日本人だけでなく様々な国籍の人もいました。

最初はおっかなびっくりという感じだった私も、3か月もすると慣れてしまい、特に気にすることもなくなっていきます。

そして、そんな時に出会ったのがフランス人のアベルでした。

出会いは道端。

学校からの帰り道に、いきなりナンパしてきたのです。

 

「コンニチハ!僕アベルト言イマス!フランスカラ来マシタ。オ姉サン、カワイイネ!」

 

ナンパ慣れしているのを感じ取った私は、めちゃくちゃ警戒していました。

適当に愛想笑いをしてそそくさとその場を離れます。

 

私は本当に、ナンパは超苦手。相手を見定める時間がないからです。

しかしこのフランス人は、とにかくしつこかったのです。

 

次の日も

「オ姉サン、コンニチハ!マタ会ッタネ!」

次の次の日も

「オ姉サン、コンニチハ!オ名前は何テ言ウノ?」

お前は夏のコバエか?ってくらいに声をかけてきます。

途中から面倒になってずっと無視していたのですが、そんなことは意に介さず毎日話しかけてくるのです。

あまり毎日話しかけてくるので、知りたくもない彼の個人情報についてやたら詳しくなってしまいました。

 

名前はアベル。年齢は24歳。フランスのリヨン出身。

日本のアニメが大好きで、その趣味が高じて日本好きに。

人生で一度は日本で暮らしてみたいという夢を叶えるため、仕事を辞めて日本に語学留学に来たそうです。

日本に来る前からアニメで日本語を勉強していたため、意外と流ちょうに日本語を操れていました。

 

いやマジでどうでもいいわ!!

毎日話しかけてくるから覚えちゃったよ!

とうとうあちらもネタ切れしてきたのか、そのうち近況報告をしてくるようになりました。

 

「僕、今日ハ動詞ヲ習イマシタ!」

「今日ハ天気ガ良イカラ外デランチシタネー!」

「明日ハ雨降ルカラ、傘持ッテイクンダヨ!」

 

本当にどうでもいい情報なのですが、無視するのも辛くなってきたころのこと。

 

「オ姉サン、僕、手品デキルヨウニナッタ!」

これには笑ってしまいました。

 

「いや、手品なんかしてないで勉強しなよwww」

「ヤット話シテクレタネー!」

 

根負けしてしまいました。

それからは毎日すれ違えば二、三言、言葉を交わすようになり、私とアベルは段々親しくなっていったのです。

 

アベルの悩み

そんな日が続くと、徐々にアベルとも仲良くなり、お互いに冗談を言い合う関係になっていきました。

それまでは気に留めていなかったのですが、仲良くなれば自然と相手のことをすぐ見つけられるようになるものです。

そこで私は一つ気づいたことがありました。

 

(こいつ…いっつも違う女の子連れて歩いてる…。)

 

そう、このアベルという男、そこそこ顔がいいことを武器に、見かける度に違う女の子を連れて歩いているのです。

しかも、人種は全く関係ありません。

時には2.3人の女の子に囲まれており、周囲の男どもから嫉妬と羨望の目を向けられていました。

 

アベル本人にそれを指摘すると

「チンカピチャンガ一番ネー!(*‘ω‘ *)」

とのこと。

 

この清々しいまでの軽薄さと、恐ろしいまでのしつこさがモテの秘訣のようです。

全く最低な男ですね。

 

しかし、ある日のこと。

超チャラ男アベルが珍しく大人しい。

どうしたのか気になったので、聞いてみることにしました。

 

「アベル元気ないね、どうしたの?」

「僕マタ振ラレチャッタネー…。」

「それはアベルが色んな女の子と仲良くしまくるからでしょ?w自業自得ってやつだよ!」

「ソレモソウナンダケド…。ノッピキナラナイ事情ガアルノヨ…。」

「のっぴきならないwww何それ、教えてよw」

「笑ワナイデスカ?」

「真剣に悩んでるのなら笑わないよ。」

「実ハ僕…ペニスガ大キスギルノネー。」

 

予想の斜め上からの回答に、私は思わず固まってしまったのでした。

 

入るかどうか試してみた

アベルの話によるとこうです。

アベルはどうやら下半身にぶら下がるモノが巨大だそう。

それがずっとコンプレックスなのだとか。

性欲は強めなのでセックスはしたい。ところがモノが巨大すぎて挿入できないことが多いとのこと。

 

恋人同士になっても最終的にはセックスが出来ないという理由で気まずい関係になり、別れることもあるのだとか。

モテはするものの、モノが巨大なことが原因で長続きしないのです。

 

そして今回も、同じ理由で別れることになったのでした。

 

「僕、モウ駄目ネー。」

「なんて声かけていいか分からないけど…。そう落ち込まないでよ。アベルかっこいいし、すぐに次の彼女見つかるよ。」

「ジャア、チンカピチャンガ彼女二ナッテヨ。モウ彼女ジャナクテイイカラ、セックスサセテヨ」

 

ド直球に最低発言ですが、その時はアベルが本当に落ち込んでいて、私も不憫に思っていました。

息子が巨大なことがコンプレックスとまで言う男のサイズがいかほどなのか、若干興味があったこともあり、私はアベルの提案を受け入れることにしたのでした。

 

「わかった。いいよ」

「ホント二!?ホント二イイノ!?」

「いいよ、特別だからね?」

 

結局私たちは、近くのホテルに向かったのです。

 

アベルとは仲のいい男友達という関係だったため、「そういうこと」をするとなるとお互い気恥ずかしく、最初はなんだかモジモジしていました。

でもベッドに入れば自然とキスする流れに。

そのまま徐々に行為も本格的になり始め、いよいよアベルのモノと対面する時が来たのです。

 

私はアベルの下着に手をかけます。

外国人は大きいって聞いてるけど何とかなるよね。

コンプレックスって言っても、限度があると思うし…。

 

よし!覚悟を決めたぞ!!

私は思い切ってアベルの下着をもぎ取りました!

すると、ボルンッという効果音とともに、ベチッと顔に彼のモノが当たります。

 

「(ひえっ!)」

 

いやいやいやデカいデカいデカい!!!!

聞いてはいたけど、フランス人、こんな大きいなんて聞いてない!!

思わず声出ちゃったよ!!

 

あまりの大きさに驚愕しました。

臨戦態勢になった彼のモノは私の顔の長さとほぼ同じくらいの大きさになっていたのです。

しかも太い。え…?だて巻き玉子かな?

 

あまりの大きさに一瞬思考が停止しましたが、ここで引いたら女が廃る!

意を決して口に彼のモノを頬張ります。

 

「・・・オエッ」

 

いやいやいやデカいデカいデカい!!!!

無理無理!!顎が外れる!!!!口になんて絶対に入らん!!!

 

仕方なく咥えるのもそこそこに、次の段階へ。

幸い、アベルはとても丁寧に接してくれ、私の身体も準備万端にはなったものの、あの大きさのモノが私の身体に収まるとは思えません…。

 

しかしここまで来ておいて「やっぱ無理っす!」とも言えず、何とか我慢すればいけるのでは?という2%ほどの希望に懸け挿入を試みます。

しかし…

 

「いてててててて!!!!!!!!痛い痛い!!!無理ーー!!やっぱ無理ーーー!!!」

 

さすがフランス人も驚きのビッグサイズ…。

小柄な日本人の私ごときではどうやっても頑張れなかったのでした…。

 

まとめ

結局、挿入を断念した私たち。

マジ無念…。

最後まで出来なかった申し訳なさから、私はしょんぼりしていました。

しかしアベルは諦め半分でホテルに来ていたようで、怒ることも嘆くこともなく、穏やかに身体を拭いてくれました。

アベル、マジでいいやつだな。

 

アベルは挿入できないことが多いため、前戯だけやたら上達してしまったそう。

アベルよ、マジでごめん。確かに前戯めっちゃ気持ちよかったです…。

 

そんなわけで、不思議な1日を過ごした私とアベル。その後は顔を合わせれば普通に話せる関係が続いていました。

 

しかし後日アベルから挿入まで出来る彼女ができたと報告が!

謎の仲間意識が芽生えていた私たちは、お互いに喜び合ったのでした!

 

男のプライドを左右するといっても過言ではない息子のサイズ。

しかし、何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。

大きさを気にしてる貴方、大きければいいってもんじゃないよ!!

もしサイズに自信がなくても、それ以外のところで挽回できると思うので、挽回ポイントを見つけ素敵なセックスライフを過ごしてくださいね★

 

それでは今日はこの辺で!

今日もお読みいただきありがとうございました!

 


画像引用:国土交通省北陸地方整備局公式Webサイト

【著者】ちんかぴ

アラサー既婚者。

夫との結婚生活10年弱だが現在もラブラブ。穏やかでやさしい息子と3人暮らし。

結婚までの男性遍歴は30人以上。隠れ肉食女子として暗躍し、最大5股を経験。

様々な男性との接触で得た「モテる男」と「モテない男」への気づきを徒然なるままに書いていきます。

Pocket