整体院の施術で痴漢!AVのような変態オヤジの逮捕された末路

Pocket

私が本格的に男遊びを始めたのは、大学3年以降でした。

単純に授業が忙しかったこともありますが、それ以外にも理由があります。

格闘技をやっていたのです。

腹筋はバキバキ、上腕二頭筋ムキムキ、首は突きを受けまくってもムチ打ちにならない程度には太いのです。

パッと見は小動物系なのに、服を脱ぐとかなりドン引きされるため、男遊びが出来なかったのでした。

怪我は日常茶飯事だったので、大学時代は頻繁に整体院に通っていました。

 

そんなある日、そんな贔屓の整体院に異変が起こります。

陰気で小太りのキモめな40代男性が働き始めたのです。

私の第六感が「この陰気男はヤバい」と告げていました。

何がヤバいのか上手く言語化できないのですが、とにかく近づきたくありません。

陰気男はいつも私をジロジロと見てきました。

 

ある厄日のできごと

その日は厄日でした。

大会が間近だったこともあり、激しい練習で疲れがたまり怪我をしたのです。

筋を痛めただけだったので大事には至りませんでしたが、念のため贔屓の整体院で調整してもらうことにしました。

 

人気の店なのでいつもは予約してから行くのですが、その日はうっかりしており予約を忘れたまま店舗に来てしまいました。

幸い、今日はたまたま1枠だけ空きがあり、すぐに案内できるとのこと。

これはかなり珍しいことでした。

 

・私は1時間程度待つ覚悟だったので、これは思わぬ朗報です。

 

(ラッキー♪今日は厄日じゃなかった!)

 

個室なのでまったり施術が受けられるのも、この店舗の良いところでした。

施術着に着替えて部屋で待つこと5分ほど。

カーテンが開き「お待たせしました。」という声がします。

この声…。嫌な予感…。

 

目の前にいたのは、あの「陰気男」。

やっぱり今日は厄日だったのです。

(うっわ…最悪だわこれは…。)

あからさまに顔に出てしまった気がしますが、取り繕って愛想笑いを浮かべます。

 

「今日はよろしくお願いします。」

「はい、こちらこそよろしくお願い致します。」

 

「ニタァ」という表現はこの表情のことを指すのか…。

笑顔を作ったつもりなのかもしれませんが、めちゃくちゃ気持ち悪い!

 

心なしか、いつもよりもジロジロと見られているような気がします。

この全身を舐め回すような視線に嫌悪感を感じていたのか、と今更気づきます。

人を変えて欲しかったのですが、予約なしで来店したのにそんなワガママなことは言いにくいのでできません。

今日はハズレ回と割り切って施術を受けるしかない、と私は覚悟を決めたのでした。

 

変態クソオヤジ

早速施術を開始したのですが、施術自体に違和感はありませんでした。

(なんだ、考えすぎだったかな。私の第六感もそんな当てにならんね。)

 

「それでは次は右膝を曲げてくださいね。」

私はうつ伏せの状態で右膝を曲げました。

足を揉んでくれるようです。足は蹴りでよく使うので筋も張っているしありがたいことです。

 

最初はふくらはぎを入念にほぐしてくれました。

結構上手いものです。勘違いしてごめんなって感じでした。

 

しかし…。

徐々に手が上の方に上がってきたときに異変を感じます。

(なんか…やたら内腿触ってくるな…。)

 

結構きわどいところまで手が触れます。

なんなら何度か恥部に当たっている気がします。

 

(これ、わざとやってないか?)

内腿の施術も長すぎます。私の第六感がこれは怪しいと告げました。

 

「すみません、そこもういいです。」

自分でもビックリするくらい冷たい声が出ました。

相手も少しビビったようです。

 

「あ、すみません…。凝っていらしたようだったので…。では別の場所に移りますね。仰向けになってください。」

(こいつ、わざとやってやがったな!!)

 

触れるか触れないかの施術なので、気のせいと言われてしまえばそれまでです。

この程度の接触では店側にクレームを入れても丸め込まれてしまうでしょう。

大胆なことをしてこないのが、なんとも陰湿でずる賢い手口です。

 

かなり手慣れている感じもするので、恐らく今までも私以外の女性が被害に遭っているはず。

そう思ったら私は頭に血が上ってきました。

 

(何としてでもしっぽ掴んでやる…!)

私が警戒心を持ったことは陰気男にも伝わっています。

それが証拠に、陰気男はもう怪しげな触り方はしてきませんでした。

しっぽを掴むには相手を油断させるしかありません。

私は寝たふりをすることにしました。

 

「お客様、痛くありませんか?」

「・・・・・。」

「お客様…?」

 

私は無言を貫きました。陰気男にはスースーと寝息を立てているように聞こえたはずです。

仰向けとはいえ、顔にはタオルがかかっているので私の表情までは見えません。

 

陰気男は私が寝たと思い込み、警戒心を解いたようです。

最初の5分ほどは通常の施術でしたが、徐々に手の動きが怪しくなり始めました。

 

両手でウエストを掴まれます。

揉みほぐすというよりも撫でられている感じです。施術をしている触り方じゃありません。

鳥肌が立つほど気持ち悪かったのですが、ここで嫌がったら元の木阿弥。

私は必死で我慢しました。

 

陰気男は私のウエストを散々撫でた後、ついに胸の方にまで手を伸ばしてきます。

 

(もう少し…もう少し…。)

あと少し我慢すればしっぽを掴める…!

そしてついにヤツは私の胸を揉んだのです。

今だ!!!!

 

「ヤダ!!!!どこ触ってるんですか!!??」

 

めちゃくちゃ大声で叫んでやりました。

個室とはいこれだけデカい声で叫べば店中に聞こえたはずです。

案の定、店長がすっ飛んできました。

 

「どうされました!!??」

「この人が私の胸を揉んだんです!!」

「私はそんなことしてないですよ!!!」

 

言い逃れしようと必死な陰気男でしたが、顔は真っ青なうえに大量の冷や汗が出ています。

完全に黒です。店長も色々と察した様子でした。

陰気男を下がらせて、私と話がしたいとのことだったので、私は得意のウソ泣きをしながら受け入れたのでした。

 

まとめ

店長はとても誠実な人でした。

常連の私がこんな嘘をつくと思えないこと、あの陰気男は他の常連からも何度かクレームが入り警戒していたこと、これを機に陰気男をクビにすることを約束してくれました。

 

やっぱりあの陰気男の餌食になった女性がいたのです。

泣き寝入りした女性もいたでしょうから、結構な人数の女性が被害に遭ったはずです。

そんな陰気男を懲らしめられたと思うと、私は胸がスカッとしました。

証拠がないので警察沙汰にはしませんでした。

 

お代はいらないとのことで、その日はそのまま帰宅しました。

50%OFFのクーポンを5枚ももらってしまい、思わぬ収穫もありました。

1週間後に来店した時には再度店長から謝られ、店長が直々に施術してくれ、良いこと尽しです。

 

もう陰気男はいませんでした。自主退職したそうです。

こうして私は元の平和な整体院生活を手に入れることができたのでした。

 

実はこの話には後日談があります。

2年後、たまたまテレビでニュースを見ていた時のこと。

整体院でのわいせつ行為で捕まったという男の顔を見て驚きました。あの陰気男だったのです。

どうやら施術中に女性の胸をまさぐり捕まったようでした。

同じ手口かよ、懲りろ。

 

報道では常習性があったかどうかが争点になると言われていました。

ある!そいつ常習性あるよ!私知ってる!

 

私のように誰かが声をあげたから逮捕されたものの、全員が声をあげたとは思えません。

泣き寝入りせざるを得なかった女性の気持ちを考えると、やるせない気持ちになりました。

気持ちが悪いのをずっと耐えたんだろうな…。

怖かっただろうな…。

 

痴漢をする側は身勝手な気持ちで痴漢を繰り返すのかもしれませんが、あのじわじわと襲い掛かる嫌悪感はトラウマものです。

絶対に許される行為ではありません。それ相応の報いがあるべきです。

一人でも多くの痴漢が出来るだけむごたらしい最期を迎えますように…。

 

そんな呪いをかけつつ、本日はこれにて!

本日もお読みいただきありがとうございました!

 


 

【著者】ちんかぴ

アラサー既婚者。夫との結婚生活10年弱だが現在もラブラブ。

夫と息子と娘と4人暮らし。結婚までの男性遍歴は30人以上。

隠れ肉食女子として暗躍し、最大5股を経験。

様々な男性との接触で得た気づきとしょうもない話を徒然なるままに書いていきます。


【ライフブースターからのお知らせ】
コロナ禍だからこそ!!素敵な女子とのプライベート飲みはいかが?

「最短30分で刺激的な出会いを叶える」マリオンから、ライフブースター読者だけの特典をいただきました!

▼ ▼ ▼

ただいま、こちらのサイトから予約された方だけに、嬉しい特典

なんと!!

『全プラン。1時間無料!!』(最大12,600円OFF)
こちらのサイトからご予約ください。↓

https://mullion.jp/mens/index.html
ご予約時に、1時間無料クーポンコード【GE452D】を入力してください。

※クーポン適用条件:お一人様一度限り。最低ご利用時間2時間から

Pocket