不倫が「純愛」になってしまった男の顛末

恋愛
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。


「不倫」というと、表向き否定したくなりますが、なんとなくその響きは艶かしいもの。興味がある人はけっこういるのでは?


不倫を「婚外恋愛」と言い換える人もいるけど、結局やっていることは同じ。

残念ながら日本は「一夫一婦制」の国なので、許されないのです。


当事者以外に、止める権利はありません。

ただ、もしそういう身になってしまったら、覚悟はしましょうね。

管理職の男と、駆け出し営業ガール


かつて、Dという男がいました。当時40代後半、東大卒で一流企業の管理職。なんというか、社会的には申し分ない感じの人です。


そして、駆け出し営業ガールのU子、20代前半。

「とにかく足で稼げ」と上司から吹き込まれていたこともあって、上客になりそうなDのもとには足繁く通っていました。


しかし。

2人はあらぬ方向に接近してしまい、どちらから誘うともなく関係に突入してしまいました。

悲劇はそこから始まります。

あの頃私は、若かった。


最初の頃は、仕事帰りに食事をして、そんな一般的な(?)不倫を続けていました。


歯車が狂い出したのは、彼が休日にも嘘をついて遊びに来るようになった頃から。

この一線は大きいような気がします。


これまでの日常の延長で言い訳をつけるならまだしも、日常に全くなかったことをやってしまうと、泥沼の様相が濃くなってきます。

(いや、そもそもやってはいけないんですが)


そして彼はついに「出張」をでっち上げて私と旅行までするようになりました。

若いながらも私には「これ、本当に大丈夫?」と内心思ってはいたけれど、まあ、楽しいし、なんかあってもそれは彼の問題だし、私には関係ないや。くらいの感覚でしたね。


そう、あの頃私は、若かった。

次に考えてしまうことは、ひとつ。

略奪。愛があればなんでもできると思ってしまう、若さのパワーは諸刃の剣。

まじですか


まあ、世でいう「適齢期」でもあるので、そんなことを夢見てもおかしくはないでしょう。

そしてここは、いい大人である彼がなんとかなだめるべき、だと思うでしょう?

別に夫婦仲が崩壊しているわけでもないのだから。


しかし。今となってはこの男の思考回路がわからないのだけれど、彼は真面目な顔で、確かにこう言った。


「僕と…結婚してください!」


嬉し泣きする二人。恋は盲目。

今だから言おう。君たち大丈夫か。いや、大丈夫じゃなかったんですけどね。

女のカンは鋭い…のではなかった!


そして後に知ったのですが、この時、彼は驚きの行動に出ていました。


なんと、家族4人の食卓で、


「自分には好きな女性がいる」


と話したのだとか。


正攻法のつもりだったのか?宣言する必要性を全く感じないんですけど。


そりゃあ、私の身の回りにも異変が起きるってわけですよ。

自転車で近くのコンビニに行こうとすると、ここのところ、同じ場所に、見たことのあるような車が止まっている…

最初は気のせいだと思っていたけれど、やっぱり何かがおかしい。


よく見たら…ああ、彼宅の車のナンバーではないか。しかも、人が乗ってる。


あれか、ついにアレが来たのか。

奥様に、自宅マンションの前で張り込みされていたのです。


そうだよな。女のカンは鋭いよな。私はそう思っていました。

まあ、その気になれば相手の住所くらい特定できるよな…

(実際には探偵をつけられていたんですけれど)


だって、彼が自宅でそんなことを堂々と宣言してたなんて、知らなかったんだもの!

そしてある日、彼は大胆すぎる行動に出た


きっと、いや間違いなく、私たちはこの辺りで引き返さなければならなかったのです。

なんの非もない第三者を巻き込んで、いい加減自分たちの愚かさを知るべきだったのです。


しかし、人間、意地になると手段と目的の区別がつかなくなり、一番大切なことを一番後回しにしてしまうこともあります。


もう、分別も理性も無くなっていました。

彼はある日、車のトランクに自分の生活用品を詰めて、私の所にやってきました。

実力行使です。

確かに私、言いました。一緒に生活したい、って。


今思えば、とんでもない話です。

「好きな人ができたから離婚して」「とりあえず俺、彼女と暮らすことにした」。

そんな理屈が通るわけがありません。

避けては通れない場所


同じ頃だったか、突然、私の元に郵便物が届きました。


「特別送達」差出人は東京地方裁判所。


私なりに危機管理はしていました。調べた所、不倫相手が訴えられた場合の慰謝料の相場は200万円だとか。


実は、彼との関係が始まった割と早い段階から、少しずつ貯金していたのです。

忙しくてお金を使う暇もなかった、というのも事実で、「ああ、これは『その時のため貯金』になるのかなあ」と思っていました。


明らかに「危機管理」の方向性はおかしいのですが。

もう、私もかなり、おかしな子になってしまっているので、思考回路がぶっ飛んでますね。


彼の同級生だという弁護士に全てを任せ、「負け裁判だからちょっと安めでいいよ」と着手金を支払い、判決後、相場通りにその200万円を振り込みました。

そうやって実感のないまま裁判は終わってしまいました。


しかし、この裁判が終わって、それでも関係をやめない場合、次ってどうなるんでしょう。そこらへんの知識はないのですが…

もちろんこの場合、男を訴えることもできるのですが、女は女を恨みます。それに自分の夫を訴えた所で、同じ家計でお金が回っていたらなんの意味もないですし。


ちなみに、この200万円は、別れた後ちゃんと彼から回収しました。

しかし、このお金って結局なんだったんだろう。

彼のお宅の家計の管理方法は知りませんが、一旦振り込んだものが、似たようなところから返ってきただけ、という気もします。

そんな理性はすでにない


結局そのまま、彼とは数年同棲していました。

手狭だったので、引っ越しまでして。


これがまた、なんだかんだよく働く人で、仕事が終わる時間が違うので、私が帰ると彼が夕飯を支度して待っている。夕方に「何食べたい?」ってメールが来るんですね。

休日は、疲れ切って私が昼まで寝ている間、掃除洗濯を済ませてくれる。


ひとつだけびっくりしたのは、私が飲み会で、帰宅が午前3時になってしまった時。

…彼、起きて待ってたんです。

それは流石にビビりました。3時ですよ?

そんなこともありました。


しかし、一番大事な問題は何も変わらないまま。

なんだかんだ言って、精神衛生上よろしくないものです。


4年くらいは一緒に暮らしていたでしょうか。

その後、彼は転勤が決まり、単身赴任することになりました。

最初は週末ごとに会いに行ってたんですが…


生活環境が変わるというのは大きいものです。ある時、私はふと我に返りました。


「この生活を続けてて、何になるっていうんだろう?人を傷つけて、自分も疲れて」。


ここは私の性格なのですが、何かをきっかけに、一度「嫌」になってしまうと、心が戻らないのです。


そしてこの数年の自分の愚かさに気づき、彼の荷物を一気にまとめて、大阪の彼の所に送りつけました。


そして、全て終了。


結局、何も残らなかったし、誰も幸せにはなりませんでした。

今となっては彼がどこで何をしているのか、それすら知りません。

50歳のジレンマ


彼に限らず、家庭に特に問題がなくても、男性は50歳を目前にするとあらぬ冒険をしてしまうようです。


もうちょっとしたら「おっさん」と呼ばれる世代、「男としての自信」を失いたくない、自分はまだ男としてイケることを確認したい、そういうお年頃のようです。

世に出ればまた中間管理職だったりして、板挟みになってとっても疲れる時期でもありますよね。


色々重なって、現実逃避したい気持ちもあるのかもしれません。

そして、少しずつ遠慮がなくなっていく。

女のカンとか怖さを案外知らないんでしょうね。いや、知ってても止まらないのか…


あと、男性が一生に「出す」量は決まってる、って言いますし。

生き物としての本能が、なんかしらあるんでしょう。

愛はなぜ終わるのか


余談ですが、「愛はなぜ終わるのか」。一時期話題にもなった、アメリカの人類学者であるヘレンE.フィッシャー氏が書いた本です。


彼女によると、「愛は4年で終わる」。動物として、交配とか生殖とかのために、本能的に色々あるそうです。


これはあくまで学説ですけれど、オリンピックも4年に1回。うるう年も4年に1回。奥深そうですね。



なお、ここまでの話がフィクションかノンフィクションかは、あなたの判断にお任せします。


<うさぎ66号>

アラフォーWebライター。大学卒業後、東京の一部上場企業に就職、それなりに勤めたのち退社。学生時代は主に夜の世界を学び、数多くのサラリーマン観察を経験。学校では「動物行動学」を専攻としていたため、人間の行動のなかに野生の本能を探す癖がある。


この記事が気に入ったら、Twitterアカウントをフォローしませんか?
 「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。

Twitterアカウント▶https://twitter.com/LB_Media_
LIFE BOOSTER(「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。モテる(生き方)、恋愛、出世、ファッション、趣味・遊びについて発信。)

Translate »