インドネシア人の彼女と交際中のわたしが推す、外国人の彼女と上手く付き合うための5つの方法

恋愛
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

私は今までに数人の外国人女性と付き合った経験があります。過去にはフィンランド人やイタリア人の女性と。現在はインドネシア人の彼女と交際をしています。

 

外国人との交際となると、最初に思い浮かべる障壁は「言語の違い」ではないでしょうか。

事実、今までの彼女とコミュニケーションをとるために英語を習得する必要がありましたし、それには苦労を伴いました。

 

もちろん、外国語ができるに越したことはありません。

しかし、実際に付き合い、良い関係を保つためには、語学力以外のことが重要になってきます。

 

特に、日本で外国人の彼女と付き合う場合、母国を離れて暮らす彼女の心境を察したうえで、関わっていくことが大切です。

 

今回は、彼女たちとの交際を振り返ってみて、より良い関係を築く上で大切だと感じたことを5つにまとめました。なかには、苦い失敗体験をもって学んだこともあります。

 

「外国人の彼女と交際しているが、うまくいっていない」という方だけでなく、「外国人の彼女と付き合ってみたいが、その後がどうなるかが不安」という方にとって参考になれば幸いです。

その1. 一緒にいることを恥ずかしがらないことから

単純なことに思えるかもしれませんが、彼女と一緒に話したり、出歩いたりする際は、決して恥ずかしがる素振りを見せてはいけません。

 

僕が最初に付き合った外国人女性はフィンランド人。ブロンドヘアーに青い瞳をした大きな目と、まさに日本人男性が思い描くようなヨーロッパ系美女でした。

 

それだけに歩いていると周りからの視線を感じ、「不釣り合いかも」と感じたものです。

しかし、周りをキョロキョロする僕を見て、彼女は不満そうな表情を浮かべました。

 

大切なのは彼女との時間です。

まずは外国人女性といるという恥じらいを捨てましょう。この恥じらいは、思う以上に相手に伝わってしまいます。

 

外国人の彼女といると、外野からの声がよく聞こえてくるものです。

しかし、デート中に「おお、国際恋愛はええなぁ」、「やるなぁ、兄さん」といった野次が耳に入っても、反応してはいけません。聞こえていないかのようにやり過ごしましょう。

その2. 片言でもいい。彼女の国の言語を話してみる

国籍に関係なく、「この人は自分に興味がない」と思われたタイミングで、異性との関係は冷え込んでしまいます。

 

とはいえ、個人的なことを根掘り葉掘り聞くのも考えものです。

何から話をすれば良いか分からない場合は、相手の言葉に関心を持つことから始めてみましょう。

彼女にとっても、日本という異国で自分が先生になって母語を教える時間は良い息抜きになります。

 

日常生活で出てくる単語や表現を、「君の国の言葉ではなんて言うの?」と聞いてみましょう。

そこから彼女の文化についての話題を引き出せれば、より親密な関係になれるはずです。

 

注意すべきなのは、彼女の日本語が流暢であっても、それに頼りすぎてはいけないということです。

 

私は外国人留学生に日本語を教えていたことがありますが、授業で学ぶ日本語と、実際に使われる話し言葉は大きく異なります。

相手に伝わっていないようであれば、標準語で言い直してあげましょう。

 

彼女が日本語を学び始めて日が浅いようであれば、「ですます体」で会話をするのも有効です。

日本語教育では、普通体を後から教えることが多いためです。

 

相手の言葉に興味を持ち、自分の発する日本語にも注意できれば、彼女からの評価は一気に高くなるはずです。 

その3. 彼女の家族や友人についてたくさん質問する

彼女が母国を離れ、日本で学んだり働いたりしているのであれば、あなたが家族のような存在になることは非常に重要です。

 

そのためにも、まずは相手の家族や親友のことについてたくさん尋ね、思いやる姿勢を持ちましょう。

彼女の家族や友人についての話を聞くことで、相手は「異性としてだけではなく、人として私に興味を持ってくれている」と感じるようになります。

 

今まで付き合った外国人の彼女たち誰もが、家族のことになると目をキラキラさせて話してくれました。

日本人は、家族への愛を表に出すことは少ないかもしれませんが、海外では家族への愛をストレートに表現するのが当たり前です。

 

自分自身も「自分の家族のことを大切にしている」ということはしっかり言動で示しましょう。

その4.愛情表現はいつもの2倍を意識する

「あなたには感情があるのか分からない」、これはフィンランド人の彼女と喧嘩になった時に言われた言葉です。

また、インドネシア人の彼女にも「本当に日本人の男って愛しているってことを伝えないよね。」と皮肉っぽく言われたことがあります。

 

日本人は「愛している」と言葉にせずとも、それを態度で示すことを美徳とする国民です。

しかし、外国人女性と恋愛を続ける上では、「愛の言葉」が何より重要です。

 

キスやハグが少ないということも、よく指摘されました。

そこから、寝る前には「I love you」と伝えてキスをするなど、できることからトライしてみました。

今では、出歩く際に周囲の不快にならない範囲で手を繋いだり、軽く腰に手を回したりして、スキンシップをとるようにしています。

 

日本人のセックスの数は世界的に見ても少ない、ということも覚えておくべきです。

多忙を理由に夜の営みがおろそかになると、相手の言動はかなり冷たくなってしまいます。

 

愛があるなら、言葉と行動で示す。これは国際恋愛をする上での鉄則です。 

その5. 異文化を理解するのでなく「包容」する

外国人女性と過ごしていると、日常の様々な場面で違いに気がつきます。そして、より親密な仲になればなるほど、相容れない部分が見えてくるのも事実です。

 

すれ違いの原因は「文化」なのか。それとも、当人の「性格」なのか。よく分からないこともしばしばです。

 

 文化の違いではないと思って相手の言動を指摘しても、「これが私の国の文化なのだから理解をしてよ!」と、話し合いがこう着状態になってしまう時もよくありました。

 

途方に暮れてしまうことも多かったのですが、「なぜ?」と疑問を抱くことはやめようと決めてから、スムーズに話し合いが進むようになりました。「相手を理解できなくても、共存はできる」ということに気がついたのです。

 

基本的には相手のあるがままを受け入れ、生活に支障が出る時に限り、「こういう理由で、こうしたいのだけど」と議論をしてみましょう。逆に、このようなディスカッションをする気力が尽きると、二人の距離は離れてしまいます。

 

海外の女性と話してみると、彼女たちの多くは建設的な話し合いを求めていることが分かります。

だからこそ、文化の違いという一言で問題に蓋をせず、「自分はこう思っている」ということと、「どうすれば良いか」という点にフォーカスして、話を進めましょう。

 

しかし、ひとたび相手がホームシックとなると、理屈の合わないことを主張されることもあります。

そんなときは、第一に彼女がリラックスできることを一緒にしてあげましょう。

 

例えば、温厚だったインドネシアの彼女が怒りっぽくなった時期に、何も言わず母国料理のレストランに連れて行ったところ、とても機嫌が良くなった経験があり驚きました。

 

月並みな表現ですが、相手の立場に立って考えて包容することで、意外な解決策が見えてくるものです。

必要なのはテクニックではなく「恋愛持久力」

今までに数カ国の外国人女性と交際をしてみて、日本人女性と違う点もあれば、似ている点もありました。

 

国籍に関係なく性格は人それぞれなので、女性と長く関係を保つための画一的なテクニックやノウハウのようなものは、残念ながらありません。少なくとも、私は見つけられていません。 

しかし、自分の感情や意思が伝わりにくい日本人だからこそ、多少オーバーであっても言葉と身体で愛情を示すべきだと学びました。

 

そして、何より大切なのは問題が起きても「話し合って解決をしよう」という姿勢を示すことです。

 

私が日本人女性と付き合っていた時には、言わずともお互いの気持ちを察しあうような、予定調和的な恋愛をすることが多かったように思います。

しかし、外国人女性と付き合う際には、「言わないことは絶対に伝わらない」ということを念頭におく必要があります。

 

ドイツの哲学者フロムは、愛するというのは「能動的な活動」であり、「自ら踏み込むもの」だと述べました。分かってもらおうという考えは捨て、自己開示することを意識してみてください。

地道な話し合いや日々の愛情表現を続けるのは、言うまでもなく体力を要することです。

 

それでも、地道にコミュニケーションをとっていくことで、少しずつ「恋愛持久力」が付いてくるのだと思います。

この恋愛持久力なるものが付いてくれば、仕事や恋愛以外の人間関係においても活かせることはきっと多いはずです。

 

ぜひ、外国人女性とお付き合いをする際は、試行錯誤を楽しみながら、少しずつ関係を育んでいってみてはいかがでしょうか。

 


ペンネーム

イカリ

プロフィール

20代後半のフリーランスライター。1年間のアメリカ留学を経た後、日本語教育や貿易業務に携わる。趣味は旅行やバンド演奏。今までにフィンランド人やイタリア人、インドネシア人女性と交際経験があり、日本人女性との結婚歴も。自身が国際恋愛で得た体験をもとにコラムを執筆している。


この記事が気に入ったら、Twitterアカウントをフォローしませんか?
 「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。

Twitterアカウント▶https://twitter.com/LB_Media_
LIFE BOOSTER(「モテる男になるため」の有益な情報が毎日届きます。モテる(生き方)、恋愛、出世、ファッション、趣味・遊びについて発信。)

Translate »