「セックスレスが辛い」そう思ったら読んで欲しい 中国人に学ぶ「本当に自由な生き方」とは

Pocket

最初に言っておくと、日本の皆様が中国を大嫌いなのは重々承知している。

それでも、大陸で暮らす日本人として、あえて言いたいことがある。

 

日本人からすると一見奇妙に思える中国人の生態には、貴方の人生や恋愛を前に進めるためのヒントがある。

これほど近い隣国であり、古代から交流を持つ国でありながら、両国の国民性は水と油と言っていいほど全く異なる。

 

おそらく大半の方は、彼らをマネなんてしたくないとお思いだろう。

しかし、これは私の持論だが、彼らの行動原理や思考回路は、まさしく日本人に欠けている部分を補うものだと考えている。

敵を知り、己を知れば百の恋愛とて危うからず。

 

中国を心の中で完全に敵認定している方も、あえて偏見をもたずに今回の話を読んで頂きたい。

中国5000年の知恵は、仕事や色恋沙汰、人生などさまざまな面で役立つはずだ。

 

(1)中国人の恋愛は「逃げるが勝ち」

日本人は真面目で辛抱強い。

それはもちろんいい面である反面、家庭や職場、人間関係などで我慢に我慢を重ねた挙げ句、ある一線を越えたところで突如大胆な行動を取ったりする。

ブラック企業で無理して心を病んでしまったり、働かない夫を無理に支えてしまったり。

 

そんなのばっくれればいいじゃないと思ってしまうが、責任感が強い日本人はそれが苦手。

対して中国人のポリシーは「逃げるが勝ち」である。

孫子いわく、「三十六計逃げるに如かず」。

あれこれ策を巡らすより、不利だと悟ったらさっさと見切るに限るということだ。

 

職場で自分が正当に評価されていないなと思ったら、速攻辞める。

彼氏彼女が自分に合わないと思ったら、すぐに別れる。

日本では転職歴が多いと「仕事が続かない人」と思われて就職で不利になるが、中国では違う。

「どこに行っても必要とされる人材」とみなされるのだ。

 

恋愛については、さすがに多すぎる離婚歴はマズいが、過去に大勢の女性と付き合ったからといってマイナスにはならない。

なぜなら、その気になれば友達付き合いを総取っ替えしてしまえばいいからだ。

過去を容易に消せる。その決断を気軽にできるのもまた中国人の特徴。

そしてダメな男、結婚したらえらいことになりそうな女性とズルズル付き合ったりしない分、中国人の恋愛は実に合理的なのである。

 

(2)後先考えない強さを持つ中国人の恋愛

日本で暮らしていると、地域にもよるだろうが街にやたらと中国人経営の中華料理店を見かけることはないだろうか。

そして、この手の店は大概たいしてうまくなかったりする。

よくこんな味で店を出す気になったもんだと思うのだが、値段が他の店より少し安かったり、あとは家族経営だったりするので意外と潰れない。

また、潰れてもすぐに居抜きで違う中華料理屋が入ってくる。

なんでこんなことが起きるかというと、中国人は大半が社長になることを夢見る人たちだからだ。

(画像:筆者撮影)

 

雇われなんてしょせん他人のための奉仕。

たとえ飲食店でも、一国一城の主になりたいーーこれは中国人の揺るぎない行動原則である。

 

それはいいとして、問題は店を開くにあたってリサーチをしたり、経営計画を練ったりということをしない。

むろん全くしないわけではないが、日本人に比べたらほとんど勢いだけと言っていいレベル。

そしてこの気質は恋愛でも存分に発揮される。

 

中国人の恋愛とは基本的に「結婚を前提としたお付き合い」的なノリが強い。

儒教の影響が色濃く残るこの地では、家系を絶やすのは大罪。

親からの「早く結婚しろ」プレッシャーは日本の比ではない。

 

ところがそんな言いつけを素直に聞くほど大人しくないのが中国人。

ゆえに、結婚相手として適切かどうかとか関係なく、若者ほど「この人いいな」と思ったら、即行動となる。

そして「やっぱ違うわ」となればサヨウナラ、この変わり身がすさまじい。

 

これって一見悪い面に思えて、実は恋愛経験値を積む上では意外とプラス。

何より傍目で見ていて、人生楽しそう。

自分は上海留学時代、学内で続々生まれる中国人×外人留学生のカップルを見て、

「半年後に地球の裏側に帰る彼氏作って、君どうすんの」

と思ったものだが、惚れてしまえば細かいことは多分どうでもいいのだろう。

 

いずれにせよ、引っ込み思案すぎて恋愛チャンスを逃しがちな日本人にとっては、時に無謀ですらある中国人のポジティブな姿勢は参考にする価値があるように思う。

 

(3)ケンカをするほど仲良くなれるという考え方

中国人は、言いたいことを溜め込まない。

気に入らないことがあれば、できるだけ大きな声で言い、そしてその感情を引きずらない。

 

かつて毛沢東は日中国交正常化のために訪中した田中角栄元首相に、こんなことを言ったという。

「周恩来同志(当時の中国国務院総理)とケンカは済みましたか?ケンカをしてこそ、初めて仲良くなれます」

要するに、お互い相手をおもんぱかって胸の内を明かさず、うわべだけ仲良くしていても、それでは真の友情は生まれないということだ。

(画像:筆者撮影)

 

もちろんこの考え方はカップルや夫婦間にも当てはまる。

筆者が暮らしている北京でも、日本だったら警察を呼ぶレベルの夫婦ゲンカをしょっちゅう見かけるのだが、今は気にならなくなった。

当然、エスカレートして刃傷沙汰に発展、なんてことも割とよくある。

だが、中国のケンカは夫婦もしくはカップルの仲を深めるための通過儀礼的な意味合いが確かに存在する。

 

ちなみに、日本人が中国人女性に持つステレオタイプな印象として、怒りっぽい、キレやすいというものがある。

それは確かに事実なのだが、彼女たちは思ったことをそのまま感情表現しているだけ。

逆に嬉しいこと、楽しいことにはストレートな気持ちを表す。

それこそ日本人が最も苦手とすることだ。

 

奥ゆかしさは日本人の美徳であり、実は中国人男性が日本人女性を褒める時によく挙げるのもその点ではある。

しかし、われわれは恋愛の場でもう少し、腹の探り合いや微妙な駆け引きなどではなく、自由な感情表現をできるようになってもよいのではなかろうか。

 

結論:中国ではセックスレス夫婦がとても少ない

日本人は世界一セックスレスが深刻な国民、なんてことがよく言われる。

中国も今や豊かになり、そういう傾向がないわけではないが、日本に比べると余裕でお盛んである。

 

ちなみに中国語でセックスレスは「性冷淡」「性冷感」という。

中国語の百科事典で調べると、

「性冷淡とは中国伝統医学の見地では心臓、肝臓、脾臓、腎臓より発する病であり」

……といった風に完全に病気扱いで、夫婦間の問題といった捉え方が希薄だったりする。

 

さて、セックスレスが少ない理由は実に明確で、中国人の夫婦はまず大半が共働きである。

しかも、同じ都市で働き、同じ屋根の下で暮らせる人ばかりとは限らない。

田舎で生まれた庶民にとって、地元での年収は大都市の月収に匹敵する。

一家団欒を犠牲にしてでも、稼ぎのいい仕事を求めて、ダンナは北京、嫁は広州といった感じで離れて生活するのはよくあること。

すべては家族を養い、子供に少しでもいい教育を受けさせるためである。

 

そうすると年に数回、夫婦が一緒にいられる機会に、愛情を確かめ合うのは当たり前。

だからといってわれわれ日本人も共働きで別々に暮らそう! ってなワケにはいかないので、これは全く参考にはならない。

しかし、中国人とはそのような家族愛に溢れた人々であることを、知っておいていただければ幸いだ。

もっとも反面、「家族以外は信用しない」という側面も、また存在するのだが……

 

ここまでお読みいただいて、「いやいやそんなの真似したくないわ」と思われた方も大勢おられることと思う。

しかし、中国で暮らしてみてわかるが、自分の目にはやはり日本人の「人を犠牲にする生き方や恋愛」は、時に窮屈すぎるように思える。

 

中国では、あたかもサファリパークのように、人民たちが好き勝手に振る舞う社会が繰り広げられている。

「お上には何があろうと逆らわない」という条件こそあるが、そこさえ守れば実は日本よりも自由であり、遥かに気楽だ。

 

いずれにせよ、他者に迷惑をかけることをものともせず、基本「俺が俺が」というメンタルを持つ人々は、押しが必要な場面になるとやはり強い。

それに対し、万事控えめで石橋を叩いて渡る日本人は、その謙虚さゆえに損をする機会があるように感じられる。

 

中国人化する必要性は微塵もないが、彼らの声の大きさや向こう見ずさをちょっとばかり見習ってもいいかもしれない。

いいじゃん、それで彼女ができるなら。

 


 

【著者】神坂縁

ライター、編集者、翻訳者。

週刊誌記者を経て某中堅出版社に入社。

雑誌の製作に携わっていたが、十数年勤めた会社で内紛が起こったことを機に退職&日本脱出を決意。

現在は国外の通信社に勤務し、アジアの政治・経済に関するライティングを本業としている。


【ライフブースターからのお知らせ】
コロナ禍だからこそ!!素敵な女子とのプライベート飲みはいかが?

「最短30分で刺激的な出会いを叶える」マリオンから、ライフブースター読者だけの特典をいただきました!

▼ ▼ ▼

ただいま、こちらのサイトから予約された方だけに、嬉しい特典

なんと!!

『全プラン。1時間無料!!』(最大12,600円OFF)
こちらのサイトからご予約ください。↓

https://mullion.jp/mens/index.html
ご予約時に、1時間無料クーポンコード【GE452D】を入力してください。

※クーポン適用条件:お一人様一度限り。最低ご利用時間2時間から

Pocket