女が自分より可愛くない子を合コンへ連れて行く理由と、金曜夜の逆転劇

 

友人Aは、自称「ネットアイドル」でした。

魅惑的なネコ目と、凹凸の激しい豊満なボディが、彼女の自慢です。

 

そんなAからある日、連絡がありました。

「合コンていうか、私の人生を賭ける夜になるから、来てくれない?」

 

合コンの男性陣は、芸能事務所社長、大手広告代理店営業マン、映像ディレクターというメンツ。

つまり、Aにとっては、自分を売り込むための“ビジネス合コン”となるのです。

そのため、女性陣のメンバー構成も、非常に気を使う必要がありました。

 

まず、私は安牌(アンパイ)です。

見た目はボーイッシュでキャラも男性寄りのため、男性陣に媚びることもなく、引き立て役としては最適です。

 

問題はもう一人の女性でした。

今回の主役はAなので、あまりに容姿端麗で目立つ女性はNGです。

かといって、男性陣のキャリアと釣り合わない女性も、Aの評価を下げてしまうでしょう。

 

そこで、「ちょうどいい」と思われるYに、白羽の矢が立ちました。

Yは、私の大学時代の同級生。

飛びぬけて美人ではないけれどブスではない、自己主張もしないけれど自分の意見は持っている、そして何より

「空気の読める」

万能な女性です。

 

Aは芸能界デビューを目指しており、今回の合コンがいかに重要な位置づけとなるかを、Yと私に延々と説明してくれました。

 

その結果、

「向こうはプロなので、あまりにベタな売り込みはしないほうがいい」

「Aの活動状況を示しつつも、素人っぽさを出したほうが、狙った感が少ないのはないか」

など、本来の合コンの趣旨から外れ、Aをいかに上手く売り込むか、という作戦会議にまで発展しました。

 

――金曜日、合コン当日。

場所は、西麻布のイタリアンレストラン。

週末を控えたビジネスパーソンらで店内は賑やかでした。

Aを売り込みたい私たちと、女性陣のお手並み拝見といったところの男性陣との、戦いの火ぶた切られます。

 

「AさんのYouTube見ましたよ。なかなか面白いですね」

芸能事務所社長が最初に話題を振りました。

 

「ありがとうございます!もっと多くの人に見てもらえるように、活躍の場を広げたいと思っています!」

 

「なるほど。今後の活動は、どういった方面で考えているのですか?」

「夢は、やはり、芸能界です。しかし、まだまだ下積みが足りないので、今は経験を積む時期だと考えています」

 

「なかなか謙虚ですね、頑張ってください。・・ところで、Yさんはいま、お仕事は?」

急に話題を振られ、一瞬、面くらったYでしたが、すぐさま柔和な笑顔で返答しました。

「医療事務です。」

「ほう、医療事務ですか。人前に出ることは、得意ではないですか?」

「苦手ではありませんが、できれば後ろからサポートするほうが、向いていると思っています」

そう無難に答え、歓談は続きました。

 

2時間でセッティングされた合コンが終盤に差し掛かった頃、映像ディレクターがAに質問をしました。

 

「Aさんは、演技に興味はあるんですか?」

「はい!もちろんです。どんなことでも挑戦してみたいと思っています」

「多少、きわどい仕事でも大丈夫ですか?」

「すべて経験だと思い、いただける役は何でもやってみたいです!」

 

私はこの時点で、一抹の不安を感じていました。

外野的な位置づけで参加している私だからこそ、この5人のやり取りから、微妙なパワーバランスと方向性が見えてきました。

 

大手広告代理店Dのクライアントは、芸能事務所と映像ディレクターの会社です。

さらに、映像ディレクターの会社は、アダルトビデオの制作をしています。

そして、芸能事務所に所属するも仕事の少ない女性タレントが、映像ディレクターの会社からAVデビューしている、といった流れの様子。

 

現時点で、芸能事務所社長が気に入っているのは、AではなくYです。

「白にも黒にも染められるタレントがほしい」

と発言した社長の目は、Yを真っすぐ見つめていました。

 

問題なのは、映像ディレクターがAを口説きにかかっていることです。

このままでは、Aの目指すべき方向が変わりかねません。

 

しかし私には、見守る以外、どうすることもできませんでした。

 

仕事を辞めた2人の友人

一か月後、私はYに呼び出されました。

 

「実はね、あの社長の事務所で演技の勉強をしてみようと思うんだ」

 

やはりあの合コンの後、社長からコンタクトがあり、事務所への所属を強く打診されたとのこと。

人当たりも良く、フレキシブルな対応のできるYは、社長が求めるタレント像に近かったのかもしれません。

 

そして、撮影したての宣材写真を見た瞬間、あの社長の千里眼に驚きました。

そこに写るYは、私の友人である、ごく普通の女性ではありませんでした。

――これが「化ける」ということか。

 

目下、心配なのはAでした。

あれ以来、なんの音沙汰もなく、Yの進退についても知らないはずです。

そのことをYに話すと、言いにくそうに現状を教えてくれました。

 

「Aね、いまセクシー女優してる、あのディレクターの会社で」

 

――あぁ、やはりそうなったか。

合コンから一か月後、2人がそれぞれこうなることなど、誰が予想できたでしょう。

とくにAは、希望に満ちた「大きな未来」を手に入れるため、あの2時間に挑んだはずです。

それが今や、AがいるべきポジションにYがいて、少しゆがんだ形でAの新たなキャリアがスタートしたのです。

 

人生は、出会いと別れの連続です。

たとえ合コンといえども、この2人のように、それが「人生の転機」となる可能性もあるのです。

 

打算的な合コンより、純粋に楽しむだけの合コンがどれだけ素晴らしいか、つくづく思い知らされた「金曜日の夜」でした。

 

出典:文部科学省「高校生のための安全読本


 

【著者】浦辺リカ
猟銃・空気銃所持許可、二級ボイラー技士、アーク溶接作業者、ブラジリアン柔術紫帯